Bulletin of Research and Development Center for Educational Practice, Okayama University
Published by Research and Development Center for Educational Practice, Okayama University

<Availability>
Some items are not available because of decision by its author or publisher.

普通教科「情報」における情報倫理教育の位置づけ(第1報)―中学・高校・大学生の実態調査を通して―

三宅 元子 岡山大学
山口 有美 岡山大学
山口 晴久 岡山大学
抄録
本研究は、高等学校に新たに平成15年度から必履修教科として設置される普通教科「情報」の指導において重要な意味を持つ情報倫理教育のあり方を探る基礎的な研究として中学生・高校生・大学生への情報倫理意識の実態調査を実施した。情報倫理に関する多学年にわたる意識のアンケート調査を通して、学年別の倫理知識の特性、倫理意識について分析しその要因について考察した。生徒に対する調査結果を因子分析とクラスター分析を行い、それらの因子の構造と因子を構成する内因構造について明らかにした。そして中学生・高校生・大学生毎の抽出因子の共通点と差異について論究し、中学生・高校生・大学生の情報倫理意識構造をふまえた高等学校の普通教科「情報」における情報倫理教育のあり方について提言した。
キーワード
普通教科「情報」 (Information)
情報倫理教育 (Information Ethics Education)
中学生 (Junior High School Student)
高校生 (Senior High School Student)
大学生 (University Student)
因子分析 (The factor analysis)
ISSN
1346-3705
NCID
AA11529614