Bulletin of Research and Development Center for Educational Practice, Okayama University
Published by Research and Development Center for Educational Practice, Okayama University

<Availability>
Some items are not available because of decision by its author or publisher.

実践的指導力の育成をめざした事前指導運営の現状と課題―附属中学校との連携を通して―

有吉 英樹 岡山大学
梶原 敏 岡山大学
抄録
附属学校園は、実習生にとって初めて実習を体験する場であり、かれらが学校現場を把握し子どもたちについて理解を深め、実践的指導力を身につけていく上で重要な役割を果たしている。本稿では、実習をより効力あるものにするために、附属中学校のみならず学外とも連携・協力しながら運営・実施している事前指導のプログラムの運営と現状について述べる。次に、3年次生対象に設定されている附属中学校実習に向けた「事前指導」を中心にして、その運営と現状、特徴と成果、今後の連携の在り方、改革課題等について検討し考察する。
キーワード
教育実習 (teaching practice)
事前指導 (prior administrative guidance)
附属中学校 (Lower Secondary School affiliated to Faculty of Education, University)
実践的指導力 (capacity for practical leadership as a teacher)
ISSN
1346-3705
NCID
AA11529614