Bulletin of Research and Development Center for Educational Practice, Okayama University
Published by Research and Development Center for Educational Practice, Okayama University

<Availability>
Some items are not available because of decision by its author or publisher.

「開発」と「貧困」の視点から持続可能な社会の形成を目指す公民科教育の単元開発研究

桑原 敏典 岡山大学
抄録
本研究は、高等学校公民科において、「開発」と「貧困」の問題を取り上げ、持続可能な社会の形成を目指し、それを支える市民の育成を目標とする単元を開発しようとするものである。「開発」と「貧困」の問題は、従来から公民科においても取り上げられている。しかしながら、その学習は問題の表面的な理解にとどまり、他国の立場も理解し自らもできることを見つけて取り組もうというスローガンの提示で終わることが多いように思われる。本研究においては、持続可能な社会という観点から「開発」と「貧困」の問題を捉えなおし、それを支える社会の仕組みやシステムをも認識させる単元の開発を目指した。
キーワード
公民科 (Civics)
単元開発 (Developing a tentative teaching plan)
持続可能な社会 (a sustainable society)
開発 (Development)
貧困 (Poverty)
ISSN
1346-3705
NCID
AA12457417