Proceedings of Okayama Association for Laboratory Animal Science
Published by Okayama Association for Laboratory Animal Science

<Availability>
Some items are not available because of decision by its author or publisher.

マウス下垂体におけるプロオピオメラノコルチン遺伝子の発現制御

村上 逸雄 岡山大学大学院自然科学研究科バイオサイエンス専攻
竹内 栄 岡山大学大学院自然科学研究科バイオサイエンス専攻
高橋 純夫 岡山大学大学院自然科学研究科バイオサイエンス専攻
抄録
マウス下垂体前葉のACTH産生細胞では、CRH-R1を発現していた。POMC遺伝子プロモーターのTpit/PitxRE配列は、POMC遺伝子の転写活性を維持するのに重要であることを明らかにした。
備考
寄稿 (Contributions)