Proceedings of Okayama Association for Laboratory Animal Science
Published by Okayama Association for Laboratory Animal Science

<Availability>
Some items are not available because of decision by its author or publisher.

高脂肪・高カロリー飼料がMeg1/Grb10遺伝子導入マウスの糖尿病発症に及ぼす影響

山本 美江 岡山大学大学院自然科学研究科
鈴木 治 国立感染症研究所獣医科学部
山田‐内尾 こずえ 国立感染症研究所獣医科学部
石野‐金児 智子 東海大学健康科学部
松田 潤一郎 国立感染症研究所獣医科学部
佐藤 勝紀 岡山大学農学部
抄録
Meg1/Grb10遺伝子導入マウスはインスリンのシグナル伝達阻害による高インスリン血症を呈することから、II型糖尿病モデルと考えられている。そこで、本モデルマウスを用いてII型糖尿病発症に及ぼす飼料の影響について検討した結果、ヒトII型糖尿病モデルとして有用性を確認することが出来た。
備考
寄稿 (Contributions)