Journal of Okayama Medical Association
Published by Okayama Medical Association

<Availability>
Full-text articles are available 3 years after publication.

転移性骨腫瘍の臨床症状

佐藤 伸夫 岡山大学医学部放射線医学教室
上田 裕之 岡山大学医学部放射線医学教室
中村 哲也 岡山大学医学部放射線医学教室
黒田 昌宏 岡山大学医学部放射線医学教室
神崎 典子 岡山大学医学部放射線医学教室
水田 昭文 岡山大学医学部放射線医学教室
村上 公則 岡山大学医学部放射線医学教室
上者 郁夫 岡山大学医学部放射線医学教室
橋本 啓二 岡山大学医学部放射線医学教室
平木 祥夫 岡山大学医学部放射線医学教室
青野 要 岡山大学医学部放射線医学教室
Thumnail 99_1013.pdf 186 KB
抄録
The study included 40 cases of bone metastasis experienced from January 1982 to August 1986 at the Department of Radiology, Okayama University Hospital. The rate of pain Remission was 89.6% in 29 patients given radiotherapy. Increases in serum ALP and LDH were found in a few patients and a quarter of these patients improved after radiotherapy. Serum Ca increased in 5 patients with multiple bone metastases.
キーワード
bone metastasis
clinical symptom
radiotherapy
ISSN
0030-1558
NCID
AN00032489