Journal of Okayama Medical Association
Published by Okayama Medical Association

<Availability>
Full-text articles are available 3 years after publication.

体表面心臓電位図に関する研究 第1編 右室肥大(収縮期負荷)の実験的検討

今滝 健介 岡山大学医学部第一内科学教室
Thumnail 98_909.pdf 1.33 MB
抄録
右室圧負荷の原因疾患として,肺動脈弁狭窄症,原発性肺高血圧症,及び肺高血圧を伴った心室中隔欠損症,動脈管開存症などがあげられる.これらの病理解剖学的特徴は求心性の右室肥大で,その電気生理学的反映として,心電図,ベクトル心電図に,収縮期負荷として特有の右室肥大所見を認める.しかし,心電図,ベクトル心電図の右室肥大所見は,その原因疾患および病態,経過により著しい差を示し,多くの判定基準1~3)が提唱されている.しかもこれらの基準はいずれも,主として右室肥大の存在を定性的に示し,定量的な判定には十分でない.そこで右前胸部及び背部にも多くの誘導点を有し,体表面電位と時間的変化を同時に表現し得る体表面電位図(電位図)を用い,右室圧負荷に伴う右室の求心性肥大をより詳細に分析し,かつ,その定量的評価の可能性を実験的に検討する目的で犬に肺動脈絞扼術を施行し慢性右室圧負荷を作成した.そして右室肥大の経時的進展に伴う電位図変化を観察し,病理解剖学的所見と対比検討した.更に,標準12誘導心電図の経時的変化についても検討を行った.
キーワード
体表面心臓電位図
右室収縮期負荷
肺動脈絞扼術
標準12誘導心電図
ISSN
0030-1558
NCID
AN00032489