Journal of Okayama Medical Association
Published by Okayama Medical Association

<Availability>
Full-text articles are available 3 years after publication.

M-1酵素によるLactobacillus属細菌プロトプラスト形成課程の形態学的解析

船橋 達天 岡山大学医学部細菌学教室
Thumnail 96_745.pdf 14.8 MB
抄録
Sucrose非存在下でM-1酵素感受性の著しく異なるL. rhamnosusとL. plantarumのM-1酵素によるプロトプラスト形成過程の微細構造の電子顕微鏡観察を行った.両菌共にsucrose存在下でM-1酵素感受性を示し,プロトプラスト形成が観察された.両菌は,高浸透圧条件での原形質分離像およびM-1酵素による細胞壁の消化像に著しい差を示した. L. rhamnosusでは細胞壁消化が菌体先端部および隔壁部で進行するのに対して, L. plantarumでは菌体側壁部の消化のみが進行していた.しかしながら, sucrose非存在下における両菌のM-1酵素感受性を反映すると考えられる表層微細構造は全く観察されなかった.
キーワード
plotoplast
Lactobacillus
表層構造
endo-N-acetylmuramidase
ISSN
0030-1558
NCID
AN00032489