Journal of Okayama Medical Association
Published by Okayama Medical Association

<Availability>
Full-text articles are available 3 years after publication.

肝性脳症慢性型を呈する肝硬変症にみられた頭蓋内出血の1剖検例

渡辺 明治 岡山大学医学部第一内科学教室
泉 正樹 岡山大学医学部第一内科学教室
水谷 繁樹 岡山大学医学部第一内科学教室
藤井 利武 岡山大学医学部第一内科学教室
渡辺 正博 岡山大学医学部第一内科学教室
東 俊宏 岡山大学医学部第一内科学教室
吉田 英紀 岡山大学医学部第一内科学教室
遠藤 浩 岡山大学医学部第一内科学教室
長島 秀夫 岡山大学医学部第一内科学教室
Thumnail 92_455.pdf 1.48 MB
抄録
Bloody cerebrospinal fluid indicated that the neuropsychiatric abnormalities observed in a cirrhotic patient with a chronic type of hepatic encephalopathy were due to intracranial vascular lesions. Autopsy findings revealed hemorrhagic infarction at the left frontal pole and subarachinoideal bleeding at the occipital lobe. It is particularly important to realize that abnormal mental states occurring in patients with cirrhosis of the liver may be due to many other conditions leading to coma.
キーワード
肝性脳症慢性型
肝硬変
頭蓋内出血
ISSN
0030-1558
NCID
AN00032489