Journal of Okayama Medical Association
Published by Okayama Medical Association

<Availability>
Full-text articles are available 3 years after publication.

集学的治療により長期生存が得られた食道神経内分泌癌の2 例

後藤田 達洋 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 消化器・肝臓内科学
川野 誠司 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 消化器・肝臓内科学
河野 吉泰 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 消化器・肝臓内科学
三浦 公 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 消化器・肝臓内科学
神崎 洋光 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 消化器・肝臓内科学
岩室 雅也 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 消化器・肝臓内科学
河原 祥朗 岡山大学病院 光学医療診療部
田中 健大 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 病理学(腫瘍病理)
吉野 正 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 病理学(腫瘍病理)
白川 靖博 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 消化管外科学
田端 雅弘 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 血液・腫瘍内科学
谷本 光音 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 血液・腫瘍内科学
岡田 裕之 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 消化器・肝臓内科学
抄録
 Esophageal neuroendocrine carcinoma (ECC) is rare and has a poor prognosis when presenting with vascular invasion and distant metastasis from an early stage. Multidisciplinary therapy with surgery, chemotherapy, and radiation therapy may prolong survival in patients with advanced ECC, but there is as yet no standard therapy for advanced ECC. We treated two patients who have achieved long-term survival (> 4 years) who underwent multidisciplinary therapy, including chemotherapy, for ECC. Our experience with these two cases suggests that multidisciplinary therapy, including chemotherapy, may be effective for treating ECC at an advanced stage.
キーワード
食道神経内分泌腫瘍(esophageal neuroendocrine carcinoma)
小細胞癌(small cell carcinoma)
集学的治療(multidisciplinary therapy)
備考
症例報告(Case Reports)
ISSN
0030-1558
NCID
AN00032489