Journal of Okayama Medical Association
Published by Okayama Medical Association

<Availability>
Full-text articles are available 3 years after publication.

GBR12909の情動行動への影響:脳内自己刺激行動の Runway法を用いた動機付け行動と,抗うつ様行動および依存様行動の区別

江角 悟 岡山大学病院 薬剤部
相良 英憲 松山大学薬学部 医薬情報解析学
中本 秋彦 岡山大学病院 薬剤部
河崎 陽一 岡山大学病院 薬剤部
五味田 裕 就実大学 薬学部
千堂 年昭 岡山大学病院 薬剤部
Thumnail 125_205.pdf 825 KB
キーワード
intracranial self-stimulation
GBR12909
motivation
depression
addiction
備考
平成24年度岡山医学会賞脳神経研究奨励賞(新見賞)(The 2012 Okayama Medical Association Awards)
ISSN
0030-1558
NCID
AN00032489
DOI