Journal of Okayama Medical Association
Published by Okayama Medical Association

<Availability>
Full-text articles are available 3 years after publication.

メサラジン坐薬調製の工夫と臨床経験

船隠 恵子 国立病院機構福山医療センター 薬剤科
堀田 修次 国立病院機構福山医療センター 薬剤科
濱岡 照隆 国立病院機構福山医療センター 薬剤科
田阪 武志 国立病院機構福山医療センター 薬剤科
立花 広志 国立病院機構福山医療センター 薬剤科
村上 敬子 国立病院機構福山医療センター 内科
豊川 達也 国立病院機構福山医療センター 内科
佐藤 英治 福山大学薬学部
友田 純 国立病院機構福山医療センター 内科
Thumnail 125_29.pdf 4.66 MB
抄録
Ulcerative proctitis (UP) is a prevalent condition associated with increased morbidity, and topical mesalazine (5-aminosalicylic acid [5-ASA]) is known to inhibit the inflammatory processes in UP. We successfully devised mesalazine suppositories, in which 250mg mesalazine was equally distributed and remained stable for at least 2 weeks. We evaluated the effect of using mesalazine suppositories twice a day (BID) on two UP patients. The results demonstrated that mesalazine suppositories were efficacious, well tolerated and safe for the long-term maintenance of UP remission.
キーワード
メサラジン坐薬(mesalazine suppositories)
潰瘍性大腸炎直腸型(ulcerative proctitis)
備考
原著(Original Paper)
ISSN
0030-1558
NCID
AN00032489
DOI