Journal of Okayama Medical Association
Published by Okayama Medical Association

<Availability>
Full-text articles are available 3 years after publication.

ラット出血性梗塞モデルにおけるエダラボンのneurovascular unit保護効果

山下 徹 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 脳神経内科学
神谷 達司 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 脳神経内科学
出口 健太郎 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 脳神経内科学
稲葉 俊東 日本医科大学 第二内科
張 漢哲 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 脳神経内科学
商 敬偉 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 脳神経内科学
宮崎 一徳 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 脳神経内科学
大塚 愛二 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 人体構成学
片山 泰朗 日本医科大学 第二内科
阿部 康二 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 脳神経内科学
Thumnail 122_195.pdf 737 KB
キーワード
出血性梗塞 (hemorrhagic transformation)
tPA (tissue plasminogen activator)
MMP-9 (matrix metalloproteinase-9)
フリーラジカル (free radical)
エダラボン (edaravone)
備考
平成21年度岡山医学会賞(新見賞)受賞論文 (The 2009 Okayama Medical Association Award)
ISSN
0030-1558
NCID
AN00032489
DOI