Journal of Okayama Medical Association
Published by Okayama Medical Association

<Availability>
Full-text articles are available 3 years after publication.

イレウス症状で発症した小腸アニサキス症の1例

藤井 清香 国立病院機構福山医療センター 外科
西江 学 国立病院機構福山医療センター 外科
濱野 亮輔 国立病院機構福山医療センター 外科
徳永 尚之 国立病院機構福山医療センター 外科
常光 洋輔 国立病院機構福山医療センター 外科
大塚 眞哉 国立病院機構福山医療センター 外科
三好 和也 国立病院機構福山医療センター 外科
高橋 正彦 国立病院機構福山医療センター 外科
稲垣 優 国立病院機構福山医療センター 外科
大崎 俊英 国立病院機構福山医療センター 外科
岩垣 博巳 国立病院機構福山医療センター 外科
Thumnail 121_25.pdf 2.07 MB
抄録
We report a surgical case of intestinal anisakiasis in which we identified a complete larva. A 48-year-old man complaining of epigastralgia after eating roasted mackerel was admitted to the hospital with a diagnosis of ileus with peritonitis. Abdominal CT showed dilatation and partial thickening of the small intestine. An emergency operation was carried out. On laparotomy, severe stricture of the jejunum was revealed. The affected intestine was resected. A larva whose head was invading the mucosa was found in the resected portion of the jejunum, and we diagnosed the case as intestinal anisakiasis.
キーワード
小腸アニサキス症 (small intestinal anisakiasis)
イレウス (ileus)
備考
症例報告
ISSN
0030-1558
NCID
AN00032489
DOI