Journal of Okayama Medical Association
Published by Okayama Medical Association

<Availability>
Full-text articles are available 3 years after publication.

乳管洗浄細胞診が診断に有効であった乳癌の一例

松岡 順治 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 消化器・腫瘍外科学
田渕 陽子 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 消化器・腫瘍外科学
小野 亮子 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 消化器・腫瘍外科学
今田 孝子 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 消化器・腫瘍外科学
梅岡 達生 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 消化器・腫瘍外科学
渡辺 直樹 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 消化器・腫瘍外科学
元木 崇之 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 消化器・腫瘍外科学
松川 啓義 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 消化器・腫瘍外科学
猶本 良夫 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 消化器・腫瘍外科学
田中 紀章 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 消化器・腫瘍外科学
柳井 広之 岡山大学医学部・歯学部附属病院 病理部
大森 昌子 岡山大学医学部・歯学部附属病院 病理部
Thumnail 118_123.pdf 3.83 MB
抄録
Although many modalities have been established to diagnose breast cancers, it is sometimes difficult to reveal nonpalpable cases. Duct lavage cytology was originally established to reveal groups at high risk for breast cancers by detecting metaplastic ductal cells. We report here a case where duct lavage was useful for revealing a small cancer that had been undetected by repeated bloody nipple discharge and cytological examinations. Duct lavage cytology may be of use in cases where nipple discharge of unknown origin persists.
キーワード
乳管洗浄細胞診 (Ductal lavage cytology)
乳癌 (breast cancer)
診断 (diagnosis)
備考
症例報告
ISSN
0030-1558
NCID
AN00032489