Bulletin of Faculty of Health Sciences Okayama University Medical School
Published by Faculty of Health Sciences Okayama University Medical School

<Formerly known as>
岡山大学医療技術短期大学部紀要 (1巻-9巻)

腎移植看護における看護婦の役割とその位置づけ

林 優子 岡山大学医療技術短期大学部看護学科
抄録
本論文の目的は,腎移植医療のなかで看護婦が果たすべき役割とその位置づけを明確にすることである。まず最初に,腎移植看護のフィロソフィーとチーム医療としての移植医療について述べた。次に調査結果と文献的考察を基に,腎移植看護に携わる看護婦の役割とその位置づけを概説した。ここでは, 看護の対象がレシピエントとその家族,生体腎ドナーであり,看護婦の役割は,移植を待機している時期,移植術前の時期,移植術直後の時期,退院前の時期,退院後のフォローアップの時期に区分して示した。その役割は予期的指導,術前術後の管理,セルフケア教育,相談指導,心理的支援,危機介入などであり,継続看護の必要性を強調している。
キーワード
腎移植看護 (renal transplant nursing)
腎移植看護のフィロソフィー (philosophy of transplant nursing)
チーム医療 (medical care as a team)
レシピエントと家族 (recipients and their family)
ドナー (donors)
ISSN
0917-4494
NCID
AN10355371