Bulletin of Faculty of Health Sciences Okayama University Medical School
Published by Faculty of Health Sciences Okayama University Medical School

<Formerly known as>
岡山大学医療技術短期大学部紀要 (1巻-9巻)

学生の基礎看護技術自己評価についての一考察 ―2回の実技試験の結果より―

大井 伸子 岡山大学医療技術短期大学部看護学科
近藤 益子 岡山大学医療技術短期大学部看護学科
池田 敏子 岡山大学医療技術短期大学部看護学科
徳永 順子 岡山大学医学部附属病院
中西 代志子 岡山大学医療技術短期大学部看護学科
前田 真紀子 岡山大学医療技術短期大学部看護学科
高畑 晴美 岡山大学医療技術短期大学部看護学科
高田 節子 岡山大学医療技術短期大学部看護学科
抄録
我々は、基礎看護技術の2回の実技試験の結果より、学生の自己評価能力について検討した。1. 2回の実技試験共、学生の自己評価点は教官評価より、約1点高かった。2. 2回目の実技試験の方が、自己評価と教官評価の一致率の高い者が有意に多かった。3. 3分の1の学生が、2回の試験共過大評価の方が多かった。4. 高い一致率を示した評価項目の多くは、評価の視点が明確な動作のものであった。5. 低い一致率を示した評価項目の多くは、評価の視点が判断を必要とするものであった。
キーワード
自己評価 (self-evaluation)
基礎看護技術 (basic nursing care)
実技試験
nursing college student
ISSN
0917-4494
NCID
AN10355371