Bulletin of Faculty of Health Sciences Okayama University Medical School
Published by Faculty of Health Sciences Okayama University Medical School

<Formerly known as>
岡山大学医療技術短期大学部紀要 (1巻-9巻)

X線撮影領域における線量測定 ―撮影条件と臓器の被曝―

中桐 義忠 岡山大学医療技術短期大学部診療放射線技術学科
後藤 佐知子 岡山大学医療技術短期大学部診療放射線技術学科
三上 泰隆 岡山大学医学部附属病院中央放射線部
東 義晴 岡山大学医療技術短期大学部診療放射線技術学科
渋谷 光一 岡山大学医療技術短期大学部診療放射線技術学科
稲村 圭司 岡山大学医学部附属病院中央放射線部
田原 誠司 岡山大学医学部附属病院中央放射線部
宇野 弘文 岡山大学医学部附属病院中央放射線部
高田 義明 財団法人中国労働衛生協会
丹谷 延義 財団法人倉敷成人病センター
山田 俊治 岡山大学医療技術短期大学部診療放射線技術学科
杉田 勝彦 岡山大学医療技術短期大学部診療放射線技術学科
平木 祥夫 岡山大学医学部附属病院中央放射線部
抄録
Utilization of radiation in medical treatment is increasing more and more ; consequently, It becomes more important to estimate exposure dose correctly. Altough there are many reports about exposue dose for patients, most of them merely describe the results of the measurements by parts of the body. Exposure dose differs with equipment, instruments, screen-firm system, contition of radiography, and so on. This paper describes the relation between skin dose and contitions of radiography, and also shows the result of measurement of "TPR" which needs to know the absorbed dose of each organ.
キーワード
線量測定
低エネルギー
被曝
ISSN
0917-4494
NCID
AN10355371