Bulletin of Faculty of Health Sciences Okayama University Medical School
Published by Faculty of Health Sciences Okayama University Medical School

<Formerly known as>
岡山大学医療技術短期大学部紀要 (1巻-9巻)

食道がん患者に対する術前インフォームド・コンセントの検討

森 恵子 岡山大学医学部保健学科看護学専攻
金尾 直美 国立病院四国がんセンター
難波 佳代 岡山大学医学部附属病院西病棟3階
石川 貴子 岡山大学医学部附属病院西病棟3階
斎藤 信也 岡山大学医学部附属病院消化器・腫瘍外科
猶本 良夫 岡山大学医歯学総合研究科消化器・腫瘍外科
抄録
食道がん患者が食道切除術を受けることを自己決定する場合には,食道癌であることの告知と、食道癌に対する治療方法に関するインフォームド・コンセントが重要となる。食道がん患者の治療法選択における自己決定を指向したインフォームド・コンセントの有り様について,質的帰納的に分析した文献は少ない。今回,食道がん患者に対して,半構成的質問用紙を用いて,面接を実施することで,患者が治療法として手術を自己決定するために役立つインフォームド・コンセントとはどのようにあればいいかを明らかにした。その結果,患者が食道切除術を受けることを決めるためには,①患者の理解度にあわせ,何度かに分けてインフォームド・コンセントが行われる必要があること,②術後に起こってくる症状,特に患者にとって苦痛を伴う検査,処置等については,患者のパーソナリティーを考えながら,術後のイメージがわくような説明が必要であること,③患者の自己決定に至る過程のみならず,インフォームド・コンセント後においても,患者や家族を支援する体制が重要であること,が明らかになった。
キーワード
インフォームド・コンセント (Informed consent)
食道がん (esophagus cancer)
治療法の選択 (selecting treatment method)
自己決定 (self-determination)
ISSN
1345-0948
NCID
AA11403004