Bulletin of Faculty of Health Sciences Okayama University Medical School
Published by Faculty of Health Sciences Okayama University Medical School

<Formerly known as>
岡山大学医療技術短期大学部紀要 (1巻-9巻)

医療現場における「チーム医療」の認識 ―アンケート調査結果から―

三井 明美 岡山大学医学部保健学科学生
島田 明美 岡山大学医学部保健学科学生
谷口 直子 岡山大学医学部保健学科学生
中村 純子 岡山大学医学部保健学科学生
西川 絵里 岡山大学医学部保健学科学生
田中 大策 岡山大学医学部保健学科学生
森田 雄一 岡山大学医学部保健学科学生
凪 幸世 岡山大学医学部保健学科学生
長谷川 益美 岡山大学医学部保健学科学生
中桐 義忠 岡山大学医学部保健学科
抄録
チーム医療に対して高い関心が寄せられていることから,チーム医療として認識される具体的な事柄や各職種に対する認識,その利点や職種間の認識の違いなどを明らかにする目的で,岡山県内の病院の看護師,診療放射線技師,臨床検査技師,計652名に対してアンケート調査を行った。有効回答者数470名で,その内訳は看護師207名,診療放射線技師91名,臨床検査技師172名であった。結果はチーム医療と認識される具体的な事柄については,異業種間カンファレンスがチーム医療を促進する事柄として認識されているが,整備・実施されていないことがうかがえた。各職種に対する認識については,職種別・経験年数別にみても,医師,看護師,理学・作業療法士はチーム医療のメンバーとして認識されている割合が高かった。また,経験年数別では,10~14年の人までは統計上ややばらつきがみられるが,経験年数15年以上の人はあらゆる職種をチーム医療のメンバーであると考え,その重要性を認識していることがわかった。チーム医療の利点については,どの職種も共通して「患者中心の医療」と考えている割合が高かった。
キーワード
チーム医療 (team medical-care)
アンケート調査 (questionnaire)
カンファレンス (medical conference)
ISSN
1345-0948
NCID
AA11403004