Bulletin of Faculty of Health Sciences Okayama University Medical School
Published by Faculty of Health Sciences Okayama University Medical School

<Formerly known as>
岡山大学医療技術短期大学部紀要 (1巻-9巻)

看護の視点からのアメニティ創出への試み ―ラッピング技法を用いてのアプローチから―

小野 清美 岡山大学医学部保健学科看護学専攻
林 優子 岡山大学医学部保健学科看護学専攻
大井 伸子 岡山大学医学部保健学科看護学専攻
奥田 博之 岡山大学医学部保健学科看護学専攻
山岡 聖典 岡山大学医学部保健学科放射線技術科学専攻
抄録
病院におけるアメニティの重要性は十数年前から言われているが,それは建物の建築の時だけでなく,その後療養の場所をどのように維持し,快適環境を患者にいつまでも提供していくかである。これまで日常の看護業務において掲示物やパンフレットの置き方,床頭台のあり方などは整理整頓の一環で病棟管理の中にあった。だが,もう一つの流れがある。ウイリアム・モリスは生活の中における芸術化を考え,生活用品そのものに美しきと手作りの良さがあることを提唱した。こうした生活デザインの流れの中で,本研究では本学科棟内において床頭台のディスプレイや掲示の仕方,パンフレットの置き方など,ラッピング技法を使用し,入院生活上のアメニティの創出を試みた。その後,ラッピング技法を用いたアメニティ創出の試みは患者の心を癒す可能性のあることを明らかにした。また,ラッピング技法使用上の留意点についても指摘した。
キーワード
アメニティ (amenity)
ラッピング (wrapping skill)
入院生活 (life in hospital)
色彩 (color)
癒し (care healing)
ISSN
1345-0948
NCID
AA11403004