Bulletin of Faculty of Health Sciences Okayama University Medical School
Published by Faculty of Health Sciences Okayama University Medical School

<Formerly known as>
岡山大学医療技術短期大学部紀要 (1巻-9巻)

住民の生活の質の向上をめざした地域保健活動の展開(第1報) ―住民組織等の実態と住民代表の意向調査―

二宮 一枝 岡山県公衆衛生看護学校
岡野 初枝 岡山大学医学部保健学科看護学専攻
川田 智恵子 岡山大学医学部保健学科看護学専攻
明石 弘子 前岡山県岡山保健所企画調整情報班
柴田 テル子 岡山県岡山保健所御津地域保健福祉センター
梅島 玲子 岡山県岡山保健所御津地域保健福祉センター
藤方 桂子 岡山県御津郡御津町民生課
片山 尚子 岡山県御津郡御津町民生課
村上 純子 岡山県御津郡御津町民生課
抄録
ヘルスプロモーションの理念にそって,住民組織,行政,研究グループが協働して,住民の生活の質の向上をめざした地域保健活動の展開を計画した。まず,休眠状態にあった岡山県M町の健康づくり推進協議会(以下M町協議会と略す)を活性化するため,協議会の委員18人を対象に聴き取り調査を行い,次に,M町協議会でのディスカッションを深めた。1.M町協議会構成団体のうち住民組織は9組織で,このうち6組織は居住地域内の住民の推薦や輪番で代表を選出しており,他の3組織は任意であった。8組織の事務局は行政機関内にあり,活動経費の公費補助率は70%以上であった。2.委員の描く理想の町のイメージとして,福祉の充実した町で老後も安心できるという内容を含んだ回答が多かった。それを実現する為に,住民一人一人が自己管理意識を持つと同時に,協議会が支援的な活動を身近なところで展開することの必要性が挙げられた。3.M町協議会活動への委員の期待は大きく,協議会内での委員間の意思疎通も次第に深められた。事前に聴き取り調査を行ったこと等が効果的に影響したと考えられた。
キーワード
住民参加 (inhabitant participation)
ヘルスプロモーション (health promotion)
健康づくり推進協議会 (a town committee for health promotion)
生活の質 (quality of life)
ISSN
1345-0948
NCID
AA11403004