Bulletin of Center for Teacher Education and Development, Okayama University (ISSN 2186-1323)
Published by Center for Teacher Education and Development, Okayama University

生徒の自己受容を促す幼児との触れ合い体験に係る中学校 家庭科の授業開発

考藤 悦子 岡山大学大学院教育学研究科
片山 美香 岡山大学大学院教育学研究科
髙橋 敏之 岡山大学大学院教育学研究科
西山 修 岡山大学大学院教育学研究科
抄録
 中学生の幼児との触れ合い体験の意義については,先行研究によって示されてきたが,体験の何が効果を及ぼしているのか,実証的な研究は未だ少ない。そこで本論では,「他者から受容される経験が,自己受容を促す」との実践的な仮説を立て,触れ合い体験による他者から受容される経験が,自己受容を促す可能性を検討する。触れ合い体験において,幼児は先入観や条件なしに関わってくることが予想される。そのような幼児に受容される体験は,生徒にとって日常的な人間関係とは異なる,得難い経験となり得る。そこを意図的に強化することで,合理的に意義ある授業を作ることが可能となると考える。また,将来の子育てに繋がる,長期的な効果も期待できる。本論では,こうした仮説に基づき,生徒の自己受容に焦点を当て,これを促す中学校家庭科保育領域の授業を開発し報告した。
キーワード
幼児 (infants)
中学生 (junior high school students)
触れ合い体験 (interactive experiences)
自己受容 (self-acceptance)
授業開発 (development of home economics classes)
備考
研究論文
ISSN
2186-1323