Bulletin of Graduate School of Education, Okayama University
Published by Graduate School of Education, Okayama University

<Formerly known as>
岡山大学教育学部研究集録 (1号-137号)

<Availability>
Some items are not available because of decision by its author or publisher.

岡山大学教育学部家政教育講座における「中等家庭科内容論」の実践と「教科内容構成力」の育成 : 教科教育と教科内容の統合を目指す家庭科カリキュラム構築の試み

佐藤 園 岡山大学大学院教育学研究科
河田 哲典 岡山大学大学院教育学研究科
李 璟媛 岡山大学大学院教育学研究科
関川 華 岡山大学大学院教育学研究科
篠原 陽子 岡山大学大学院教育学研究科
抄録
 岡山大学教育学部家政教育講座では,教科教育と教科内容の統合を目指す教員養成家庭科カリキュラムを構築し,平成22 年度から実践してきた。本報告では,平成26 年度から検討を開始した家庭科カリキュラムにおける「教科内容構成力」育成の取組と,平成27・28年度に実施した「中等家庭科内容論」の授業内容と「教科内容構成力」の育成について検討した。
キーワード
教員養成
コア・カリキュラム
教科教育
教科内容
家庭科
備考
特集 (Special Section) 「教科内容構成による小・中学校の教育改善と教員養成改革 (Improving elementary and junior high school teaching methodology as well as university teacher training curricula based on research into the structure of school subject content.)」
ISSN
1883-2423
NCID
AA12338258
NAID