Bulletin of Graduate School of Education, Okayama University
Published by Graduate School of Education, Okayama University

<Formerly known as>
岡山大学教育学部研究集録 (1号-137号)

<Availability>
Some items are not available because of decision by its author or publisher.

新任保育者の抱える困難に関する研究の動向と展望

加藤 由美 兵庫教育大学連合大学院連合学校教育研究科(岡山大学配属)
安藤 美華代 岡山大学大学院教育学研究科心理・臨床学系
抄録
新任保育者を含む保育者の困難の内容とその関連要因,困難への対処法,メンタルヘルス を維持するための支援の方法を探ることを目的として, 保育者の困難やメンタルヘルスに関 する先行研究を概観した。保育者の抱える困難に関連する要因は,主として,勤務環境,保 育技能,職場の人間関係の3つであった。そして,このような困難への対処法として,勤務 環境の整備,職員同士の保育観の共有,保育者効力感の向上,対人関係能力の向上,問題・ ストレス対処法を身に付ける,といった点が指摘されていた。今後は,新任保育者の困難や 心理的負担感を軽減するような具体的な支援を行っていく必要がある。
キーワード
新任保育者
困難
ストレス
メンタルヘルス
ISSN
1883-2423
NCID
AA12338258