Bulletin of the Field Science Center, Faculty of Agriculture, Okayama University
Published by Field Science Center, Faculty of Agriculture, Okayama University

<Formerly known as>
岡山大学農学部農場報告 (1号-23号)

マスカット栽培における2,3の技術改善と生育反応

中野 幹夫 岡山大学
工藤 久美寿 岡山大学
松田 政紀 岡山大学
片岡 衛 岡山大学
抄録
本農場のマスカット栽培においては経営的判断から8月上,中旬の出荷を目標に加温栽培した。加温栽堵に当たっては1月中旬加温した。ビニール内張りによる省エネ効果が大であるので自動カーテンの設置が望まれる。その際,除湿方法を検討する必要がある。新梢本数は主枝の片側15cmごとに1本,葉面積指数2.5~3.0程度に増しても良かろう。根の活力増大が望まれ,有機資材の投入により土壌の理化学性の改善が必要である。
ISSN
0910-8742
NCID
AN00149012