このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 42960
フルテキストURL
Thumnail 66_861.pdf 317 KB
タイトル(別表記)
Effects caused by Time and Temperature at Primany, Incubation of Complement-fixation Test
著者
井上 邦彌 岡山大学医学部衛生学教室
抄録
1) The antibody titer of complement-fixation test increased in proportion to the length of incubated time. 2) The antibody titer of complement-fixation test incubated at 0°C. for 6 hours was nearly equal to that of precipitin ring test. 3) The antibody titer of complement-fixation test incubated at 37°C. is higher than that at 0°C. in cardiolipin antigen system, but in yeastmannan system at 0°C. it proves higher than that at 37°C.
発行日
1954-05-31
出版物タイトル
岡山医学会雑誌
出版物タイトル(別表記)
Journal of Okayama Medical Association
66巻
5号
出版者
岡山医学会
出版者(別表記)
Okayama Medical Association
開始ページ
861
終了ページ
866
ISSN
0030-1558
NCID
AN00032489
資料タイプ
学術雑誌論文
オフィシャル URL
https://www.jstage.jst.go.jp/article/joma1947/66/5/66_5_861/_article/-char/ja/
言語
Japanese
著作権者
Copyright© 岡山医学会
論文のバージョン
publisher
査読
有り
Eprints Journal Name
joma