このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 42925
フルテキストURL
Thumnail 66_425.pdf 353 KB
タイトル(別表記)
Sound localizaton (1) ・・・・・Frequency, Intensity
著者
田村 節治 岡山大学生理学教室
抄録
吾人の聴覚で前正中線と感じるのは一定の拡りを指すのであるが,この範囲は略々解剖学的前正中線附近に正しく局在されている.この範囲は同一周波数の音源では拡りが一定であり,周波数の変化により範囲の大さを異にする.こゝに着眼して周波数による前正中線附近の方向感度を観察し,之が中周波域に於て最も良く,低周波稍々悪く,高周波域に於ては極めて悪い結果を見た.音源の強さに関しては,最小可聴閾より5~15d. b.上昇域に於て略定位可能であるが,多数の人員に対して完全を期する為には最小可聴閾より30d. b.以上の強さを要する事を見た.
抄録(別表記)
A bone conduction receiver connected to the audiometer is used as the source of the sound. The examinee used a rubber tube binaurals, which was 2 meters in length, and was able to hear the source of the sound placed 2 cm right or left from the middle of the receiving tube alternatively. When it was 2 cm to the right, the examinee answered "right", and when 2 cm to the left, the answer was "left" Frequencies and intensities of the source of sound varied. The sound localizes best between 128--1024 v. d., and becomes worse on the lower or higher frequencies. The intensity between 5--15 d. b. over the threshold is at least needed to locate the source of sound. For accurate hearing an intensity greater than 30 d. b. is desirable.
発行日
1954-03-31
出版物タイトル
岡山医学会雑誌
出版物タイトル(別表記)
Journal of Okayama Medical Association
66巻
3号
出版者
岡山医学会
出版者(別表記)
Okayama Medical Association
開始ページ
425
終了ページ
429
ISSN
0030-1558
NCID
AN00032489
資料タイプ
学術雑誌論文
オフィシャル URL
https://www.jstage.jst.go.jp/article/joma1947/66/3/66_3_425/_article/-char/ja/
関連URL
http://www.okayama-u.ac.jp/user/oma/
言語
Japanese
著作権者
Copyright© 岡山医学会
論文のバージョン
publisher
査読
有り
Eprints Journal Name
joma