このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 218
Eprint ID
218
フルテキストURL
タイトル(別表記)
Studies on the Leaf Temperature of Muscat of Alexandria under Glass. I.
著者
岡崎 光良 岡山大学
吉延 宣幸 岡山大学
上田 裕彦 岡山大学
本多 昇 岡山大学
抄録
1.Muscat of Alexandria栽培の硝子室(5.4×12.6m)内で地上1.2mおよび棟下部に百葉箱を,また棚部を西側から東側にむかって西下部(I)→西中部(II)→棟部(III)→東中部(IV)→東下部(V)に区分し,葉と硝子面との中間にサーミスタを内包する白厚紙製傘付二重円筒をとりつけた.室内を棟下に電動換気扇(直径25cm)をとりつけた換気区と,無処理区とに区劃し1966年8月5,6の両日に9~17時まで各部位の気温および葉温を測定した.2.無処理区:換気区の順序に示せば8月6日15時の地上百葉箱内気温は36.3:35.8℃,棟直下部のそれは40.3:38.2℃,棟下部の二重円筒内温度は50.0:39.8℃であった.これにくらべてII,III,IV,3部位の同時刻の平均葉温は47.1:38.3℃で両区の差は8.8℃である.3.無処理区の9~17時のI~V各部位の葉温の推移をみると,II,III部位では極めてよく似ており15時には50℃以上となる.IV部位では10時に45.1℃となるが以後低下する.意外にもV部位では11~14時の間46.4~43.6℃でIV部位よりはるかに高温である.I部位では午前中の葉温は最も低いばかりではなく,西から吹いている微風のためか最高温度(15時)も42.7℃にすぎない.4.換気装置による葉温低下効果は大であって,15時の葉温はII:I:III:IV:V部位の順序に示せばそれぞれ43.5:38.9:36.7:34.8:34.8℃であった。
発行日
1967
出版物タイトル
岡山大学農学部学術報告
出版物タイトル(別表記)
Scientific Reports of the Faculty of Agriculture Okayama University
29巻
1号
出版者
岡山大学農学部
出版者(別表記)
Faculty of Agriculture, Okayama University
開始ページ
37
終了ページ
44
ISSN
0474-0254
NCID
AN00033029
資料タイプ
紀要論文
言語
Japanese
OAI-PMH Set
岡山大学
論文のバージョン
publisher
査読
無し
Eprints Journal Name
srfa