このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 20442
Eprint ID
20442
フルテキストURL
タイトル(別表記)
Flow Injection Analysis for Hydrogen Peroxide in Environmental Waters
著者
岩藤 章正 岡山大学自然科学研究科 Kaken ID publons researchmap
椋野 貴 岡山大学自然科学研究科
秋澤 宏行 岡山大学薬学部
御舩 正樹 岡山大学薬学部・岡山大学環境管理センター Kaken ID publons
齋藤 寛 岡山大学薬学部・岡山大学環境管理センター
抄録
先に開発した過酸化水素のフローインジェクション分析法(FIA)のシステムや触媒カラムに詳細な検討を加え,ppbレベルの過酸化水素の定量法を開発した。また,本研究で得られたFIAを用いて,57~944ppbになるように過酸化水素を雨水に添加し,回収実験を行った。その結果,回収率と再現性とも良好で,化学発光法より優れていた。なお,FIAでの検出下限は,約10ppbであった。
抄録(別表記)
We tried to determine a low-level hydrogen peroxide by using a flow injection analysis (FIA) which was reported in our previous paper. For this purpose, the constituents of the system including the catalytic column were re-examined in detail. As the result, we developed a new system of the FIA which is available for the determination of ppb-order hydrogen peroxide. When hydrogen peroxide spiked in rain-waters(57-944ppb)was analyzed by the FIA, better recovery and reproducibility were attained compared to chemiluminescent analyses. The lower-limit of determination was 10 ppb hydrogen peroxide.
備考
論文
発行日
1998-08
出版物タイトル
環境制御
出版物タイトル(別表記)
Environmental Research and Control
20巻
出版者
岡山大学環境管理センター
出版者(別表記)
Okayama University Administration Center for Environmental Science and Technology
開始ページ
22
終了ページ
26
ISSN
0917-1533
NCID
AN1024789X
資料タイプ
紀要論文
言語
Japanese
論文のバージョン
publisher
査読
有り
Eprints Journal Name
erc