このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 19762
Eprint ID
19762
フルテキストURL
タイトル(別表記)
Atopic asthma in patients of middle or advanced age
著者
荒木 洋行 岡山大学医学部三朝分院内科
貴谷 光 岡山大学医学部三朝分院内科
周藤 眞康 岡山大学医学部三朝分院内科
谷崎 勝朗 岡山大学医学部三朝分院内科
抄録
中高年令(41才以上)のアトピー型喘息患者の特徴を明らかにするために,アトピー型喘息患者88例を0~20才,21~40才,41~60才,61才以上の各年令別に分け,年令,性別,発症年令,既往歴,家族歴,末梢血好酸球,血清IgE値,皮内反応の各項目について検討を加えた。結果は,中高年のアトピー型喘息患者は1)その年代の全喘息患者に占める割合は低く,2)男性が多く,3)平均発症年令は高く,4)その他のアレルギー性疾患の既往歴を持たない症例が比較的多く,5)皮内反応では,ハウスダスト陽性率が比較的低く,カンジダ,アスペルギルスの陽性率は比較的高い傾向にあった。6)家族歴,末梢血好酸球,血清IgE値では,明らかな傾向は認められなかった。
抄録(別表記)
In order to elucidate the characteristics of atopic asthma in patients of middle or advanced age (over 41 years old), 88 atopic asthmatic patients were divided into 4 groups according to their ages, 0~20, 21~40, 41~60 and over 61 years old, and age, sex, age of onset, past history, family history, number of peripheral eosinophils, serum IgE and skin test were compared among these groups. The results were as follows: Atopic ashmatic patients of middle or advanced age were 1) less frequent in all asthmatic patients of same age group, 2) more frequent in males than in females, 3) higher in averaged age of onset, 4) more frequent in cases without other allergic past histories, 5) less frequently positive to house dust and more frequently positive to Candida and Aspergillus in skin test, 6) not different in family history, number of peripheral eosinophils and serum IgE compared to other groups.
キーワード
アトピー (Atopy)
中高年令者 (patients of middle or advanced age)
喘息 (asthma)
発行日
1988-08
出版物タイトル
環境病態研報告
出版物タイトル(別表記)
Papers of the Institute for Environmental Medicine, Okayama University Medical Scool
59巻
出版者
岡山大学医学部附属環境病態研究施設, 岡山大学医学部附属病院三朝分院
出版者(別表記)
Institute for Environmental Medicine, Okayama University Medical Scool
開始ページ
42
終了ページ
46
ISSN
09133771
NCID
AN10084718
資料タイプ
紀要論文
言語
Japanese
論文のバージョン
publisher
査読
無し
Eprints Journal Name
mmc