このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 19758
Eprint ID
19758
フルテキストURL
タイトル(別表記)
Separation of paripheral leukocytes by counterflow centrifugation elutriation
著者
周藤 眞康 岡山大学医学部三朝分院内科
松原 扶美恵 岡山大学医学部三朝分院内科
荒木 洋行 岡山大学医学部三朝分院内科
貴谷 光 岡山大学医学部三朝分院内科
谷崎 勝朗 岡山大学医学部三朝分院内科
抄録
JE-6B rotor(Beckman)を用いてcounterflow centrifugation elutriationによる末梢血白血球の分離を試み,若干の検討を加えた。1.flow rateが低い場合はリンパ球が大部分を占めたが,flow rateの増加とともに頻度は減少した。2. flow rateの増加とともに,好塩基球の頻度が増加し,9-10ml/minでは頻度のみでなく細胞数の増加も認められた。各fractionにおけるヒスタミン含有量も同様の傾向が認められた。3.好中球のpeakはflow rate 13ml/minであり以後減少を示した。4.最終段階で好酸球が増加傾向を示しChamber内で最も高値を示した。以上の結果よりcounterflow centrifugation elutriationによる末梢血白血球細胞分離は,in vitroにおける実験に有用な手段である可能性が示唆された。
抄録(別表記)
Separation of peripheral leukocytes was carried out in 5 healthy subjects by counterflow centrifugation elutriation with JE-6B rotor. 1. Number of lymphocytes was predominant at low flow rate (4.5ml/min) of counterflow centrifugation elutriation. 2. As flow rate was increased (9-10ml/min), the purity and number of basophils, and histamine content in the fraction were gradually increased. 3. The purity and number of neutrophils were gradually increased, and the purity was reached the peak at 13ml/min. 4. The purity and number of eosinophils were gradually increased at the late stage of the centrifugation elutriation. The results obtained here might suggest that cell separation by counterflow centrifugation elutriation is more useful for experiments, especially allergy testing, in vitro.
キーワード
逆流負荷遠心法 (Counterflow centrifugation elutriation)
JE-6Bローター (JE-6B rotor)
細胞分離 (Cell separation)
好塩基球 (Basophils)
発行日
1988-08
出版物タイトル
環境病態研報告
出版物タイトル(別表記)
Papers of the Institute for Environmental Medicine, Okayama University Medical Scool
59巻
出版者
岡山大学医学部附属環境病態研究施設, 岡山大学医学部附属病院三朝分院
出版者(別表記)
Institute for Environmental Medicine, Okayama University Medical Scool
開始ページ
37
終了ページ
41
ISSN
09133771
NCID
AN10084718
資料タイプ
紀要論文
言語
Japanese
論文のバージョン
publisher
査読
無し
Eprints Journal Name
mmc