このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 18155
Eprint ID
18155
フルテキストURL
Thumnail 80_867.pdf 355 KB
タイトル(別表記)
Somatic Findings of Melancholia with special reference to the endocrine system
著者
高坂 睦年 岡山大学医学部精神神経科
長尾 堯司 岡山大学医学部精神神経科
菊井 茂 岡山大学医学部精神神経科
抄録
1) 憂うつ病の身体的徴候を特に内分泌所見を中心として考察した. 2) 憂うつ状態では尿の17-KS分劃が減少し,血清の17-OHCS分劃の増加が見られる.憂うつ症にTestosterone系のものを与えると症状が改善したり,又ACTH注射やCortisol投与で悪化する事実から,憂うつ状態の成立には性腺系ホルモンの減少が関係していると考えられる. 3) 憂うつ病になる者には性腺系ホルモン代謝に潜在的な弱点があるのではなかろうかと思われる.
抄録(別表記)
1. Investigation was made on the patients with melancholia about their somatic conditions with special reference to the endocrine system. 2. As a result it has been found that in melancholia 17-KS fraction in urine is. decreased while serum 17-OHCS fraction is increased. Moreover, since the administration of androsterone or its series improves general conditions in melancholia and ACTH injection or cortisol medication aggravates the conditions, it is assumed that the decrease in sex hormones is responsible for the development of melancholia. 3. Those who are predisposed to melancholia seem to have latent weakness in the sex hormone metabolisms.
発行日
1968-08-30
出版物タイトル
岡山医学会雑誌
出版物タイトル(別表記)
Journal of Okayama Medical Association
80巻
7-8号
出版者
岡山医学会
出版者(別表記)
Okayama Medical Association
開始ページ
867
終了ページ
873
ISSN
0030-1558
NCID
AN00032489
資料タイプ
学術雑誌論文
オフィシャル URL
https://www.jstage.jst.go.jp/article/joma1947/80/7-8/80_7-8_867/_article/-char/ja/
関連URL
http://www.okayama-u.ac.jp/user/oma/
言語
Japanese
著作権者
岡山医学会
論文のバージョン
publisher
査読
有り
Eprints Journal Name
joma