このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 16819
Eprint ID
16819
フルテキストURL
Thumnail 94_581.pdf 159 KB
タイトル(別表記)
Parasitic infections in Manabe island in 1981 Kasaoka City Manabe-Shima Clinic, Kasaoka City, Okayama, Japan
著者
田中 勇夫 笠岡市真鍋島診療所
山本 知 岡山県予防医学協会
細野 啓蔵 岡山県予防医学協会
大枝 貴文 岡山県予防医学協会
笹木 亮人 岡山県予防医学協会
作本 台五郎 岡山県予防医学協会
長尾 寛 岡山県予防医学協会
稲臣 成一 岡山大学医学部寄生虫学教室
抄録
A fecal examination for each of 210 residents of Manabe island was performed to clarify the status of parasitic infection by direct smear in 1981. The results were as follows; 1. Helminths found included Ascaris lumbricoides (2 cases, 0.95%), Trichuris trichiura (3 cases, 1.43%), and Heterophyes heterophyes (11 cases, 5.24%). 2. The average infection rate was 7.62% for the whole area. 3. Heterophyiasis showed a tendency to increase.
キーワード
Parasitic infection
Ascaris lumbricoides
Manabe island
Trichuris trichiura
Heterophyes heterophyes
発行日
1982-06-30
出版物タイトル
岡山医学会雑誌
出版物タイトル(別表記)
Journal of Okayama Medical Association
94巻
5-6号
出版者
岡山医学会
出版者(別表記)
Okayama Medical Association
開始ページ
581
終了ページ
584
ISSN
0030-1558
NCID
AN00032489
資料タイプ
学術雑誌論文
オフィシャル URL
https://www.jstage.jst.go.jp/article/joma1947/94/5-6/94_5-6_581/_article/-char/ja/
関連URL
http://www.okayama-u.ac.jp/user/oma/index.html
言語
Japanese
著作権者
岡山医学会
論文のバージョン
publisher
査読
有り
Eprints Journal Name
joma