このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 15331
Eprint ID
15331
フルテキストURL
タイトル(別表記)
ラット腹腔肥満細胞のCa(2+) influxおよびヒスタミン遊離に対する抗アレルギー薬アゼラスチンの抑制効果について
著者
谷崎 勝朗 岡山大学医学部附属病院三朝分院内科
大谷 純 岡山大学医学部第2内科
木村 郁郎 岡山大学医学部第2内科
抄録
The effect of antiallergic agent, azelastine, was examined in immunogical secretory process of mast cells. 1. Azelastine significantly inhibited (45)Ca uptake by mast cells stimulated by antigen, and the maximum inhibition was attained at a concentration of 50 μg/ml showing approximately 30.5 % inhibition. 2. Azelastine also inhibite the release of histamine from mast cells by antigen. The maximal inhibitory rate was 38.1%. The effect of azelastine on (45)Ca uptake and histamine release was dose-dependent, and compatible at employed cocentration of the agent. 3. Tachpylaxis to azelastine was not found in this experimental system.
抄録(別表記)
抗原刺激時の,ラット腹腔肥満細胞のCa(2+) uptakeおよびヒスタミン遊離に対する,抗アレルギー薬アゼラスチンの抑制効果について検討を加えた。その結果,1.アゼラスチンは抗原刺激時の肥満細胞のCa(2+) uptakeに対して濃度依存性の抑制効果を示した。2.同様に,抗原刺激時の肥満細胞からのヒスタミン遊離に対しても,濃度依存性の抑制効果を示した。3.アゼラスチンの再暴露による抑制効果の減弱傾向は見られず,アゼラスチンでは tachyphylaxisは観察されなかった。
キーワード
Azelastine (アゼラスチン)
Rat mast cells (ラット肥満細胞)
(45)Ca uptake (Ca(2+)uptake)
Histamine release (ヒスタミン遊離)
発行日
1992-06
出版物タイトル
岡大三朝分院研究報告
出版物タイトル(別表記)
Annual Reports of Misasa Medical Branch, Okayama University Medical School
63巻
出版者
岡山大学医学部附属病院三朝分院
出版者(別表記)
Misasa Medical Branch, Okayama University Medical School
開始ページ
89
終了ページ
94
ISSN
0913-3771
NCID
AN10430852
資料タイプ
紀要論文
言語
English
論文のバージョン
publisher
査読
無し
Eprints Journal Name
mmc