このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 15277
Eprint ID
15277
フルテキストURL
タイトル(別表記)
Model theory of doubly transitive groups
著者
田中 克己 岡山大学医療技術短期大学部一般教育
抄録
2重可移群には,near-domainを解釈することができ(定理13), またnear-domainから2重可移群を構成することができる。つまり,2重可移群の研究はnear-domainの研究と同値になる。ここで,有限のnear-domainがnear-fieldになることは知られているが,無限のnear-domainがnear-fieldになるかどうかは知られていない。これに関連して,無限の2重可移群についても多くの未解決問題が残されている。このノートでは,これらの問題にたいするモデル論的なアプローチ(Morley rank有限の場合の構造析,geometricな方法など)をいくつか紹介する。
抄録(別表記)
It is well known that we can interpret a near-domain in a doubly-transitive group and we can consruct a doubly-transitive group by a near-domain. This shows the equivalence of the study of doubly-transitive groups and that of near-domains. It is known that every finite near-domain is a near-field, however, it is open in infinite case. We investigate several open problems in this subject and some model theoretic approaches (in case of finite Morley rank, geometric) to them.
キーワード
置換群 (permutation group)
ω-安定 (ω-stable group)
Morley rank
2重可移群 (doubly transitive group)
発行日
1997-09-10
出版物タイトル
岡山大学医療技術短期大学部紀要
出版物タイトル(別表記)
Bulletin of School of Health Sciences Okayama University
8巻
1号
出版者
岡山大学医療技術短期大学部
出版者(別表記)
School of Health Sciences Okayama University
開始ページ
1
終了ページ
6
ISSN
0917-4494
NCID
AN10355371
資料タイプ
紀要論文
言語
Japanese
OAI-PMH Set
岡山大学
論文のバージョン
publisher
査読
無し
Sort Key
1
Eprints Journal Name
fhs