このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 15257
Eprint ID
15257
フルテキストURL
タイトル(別表記)
1997年岡山県下に発生した集団食中毒患者から分離された腸管出血性大腸菌EHEC O157 : H7のパルスフィールドゲル電気泳動法による遺伝子解析
著者
宮本 寛治 岡山大学医療技術短期大学部
坂本 一成 岡山大学医療技術短期大学部
新谷 勝美 岡山大学医学部第2内科
陳 静 岡山大学医療技術短期大学部
阿部 絵理子 岡山大学医療技術短期大学部
岡崎 愉加 岡山大学医療技術短期大学部
白井 喜代子 岡山大学医療技術短期大学部
合田 典子 岡山大学医療技術短期大学部
抄録
Thirteen enterohemorrhagic Escherichia coli O157 : H7 (EHEC) isolates derived from the patients of an outbreak in the R-hospital in Okayama Japan and one isolated from the ingredients of Japanese noodles in June 1997 were analyzed by molecular typing using pulsed-field gel electrophoresis (PFGE). The PFGE patterns of the patients were almost the same as the patterns of the Japanese noodle ingredients. Therefore, the EHEC O157 : H7 derived from the food was considered to have caused the outbreak in the R-hospital. The molecular typing of isolates from the patients and the Japanese noodle ingredients was almost the same as that of isolates from outbreaks in Hiroshima and Fukuoka prefectures classified as type Ia in 1996 by PFGE analysis. These results indicate that EHEC O157 : H7 strains with a similar PFGE type Ia pattern have already spread throughout western Japan since last year.
抄録(別表記)
1997年6月に岡山県下のR-病院で腸管出血性大腸菌EHEC O157 : H7による集団食中毒が発生した。その患者および食材である日本そばから分離されたEHEC O157 : H7の菌株をパルスフィールドゲル電気泳動法(PFGE)を使用して遺伝子解析を行った。13名の患者から分離された菌株の遺伝子型は日本 そばから分離された菌株と一致した。従って日本そばから分散されたEHEC O157 : H7が集団食中毒の原因であることが解った。さらにこれらの菌株の遺伝子型は1996年に広島県および福岡県の西日本に集団食中毒が発生した菌株のタイプIa型と類似していた。このことはこの遺伝子タイプの類似した菌株の感染が西日本で去年から広がっていることを示している。
キーワード
EHEC O157: H7 (腸管出血性大腸菌EHEC O157 : H7)
PFGE (パルスフィールドゲル電気泳動法)
outbreak (集団感染)
molecular typing (遺伝子解析)
発行日
1998-01-31
出版物タイトル
岡山大学医療技術短期大学部紀要
出版物タイトル(別表記)
Bulletin of School of Health Sciences Okayama University
8巻
2号
出版者
岡山大学医療技術短期大学部
出版者(別表記)
School of Health Sciences Okayama University
開始ページ
91
終了ページ
95
ISSN
0917-4494
NCID
AN10355371
資料タイプ
紀要論文
言語
English
OAI-PMH Set
岡山大学
論文のバージョン
publisher
査読
無し
Sort Key
1
Eprints Journal Name
fhs