このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 15123
Eprint ID
15123
フルテキストURL
タイトル(別表記)
T cell subpopulation and asthma classification
著者
御舩 尚志 岡山大学附属病院三朝分院内科
横田 聡 岡山大学附属病院三朝分院内科
保﨑 泰弘 岡山大学附属病院三朝分院内科
梶本 和宏 岡山大学附属病院三朝分院内科
光延 文裕 岡山大学附属病院三朝分院内科
谷崎 勝朗 岡山大学附属病院三朝分院内科
抄録
気管支喘息症例の臨床病型に対するTリンパ球の役割を明らかにするために,気管支肺胞洗浄液中のCD3,CD4,CD8陽性細胞の比率を検討した。1.Ia気管支攣縮型におけるCD3陽性細胞は75.6±6.52%,Ib:過分泌型では75.4±16.5%,Ⅱ:細気管支閉塞型では61.0±12.5%であり,いずれの病型においても有意な差は認められなかった。2.CD4陽性細胞についてはIa型47.4±6.11%,Ib型39.5±8.70%,Ⅱ型46.3±6.91%,CD8陽性細胞についてはIa型28.3±8.77%,Ib型35.5±12.3%,Ⅱ型29.4±11.5%と過分泌型 で他の2病型とは違う傾向を示したが,有意ではなかった。3.活性化を示すHLA-DR陽性細胞はCD4,CD8陽性細胞とも気管支攣縮型で高い傾向が認 められたが有意ではなかった。以上,今回の検討では各臨床病型間でTリンパ球の関与に明らかな差は見られなかったが,気管支攣縮型に対する活性型Tリンパ球より強い関与の可能性が示唆された。
抄録(別表記)
To clarify the role of T lymphocyte to patho physio logical changls in He aiways, the relationship between T cell subpopulation in BALF and each clinical asthma type were investigated. The proportion of BALF CD3 +T cells in patients with Ia : simple bronchoconstriction type was 75.6±6.52%, 75.4±16.5% in those with Ib : hypersecretion type and 61.0±12.5% in those with Ⅱ : bronchiolar obstruction type. No siginificant differences were observed between 3 asthma types. The proportion of BALF CD4 +T cells and CD8 +T cells revealed different tendency in patients with type Ib, compaired to patients with type Ia or type Ⅱ, but this was not significant. A higher proportion of CD4 + and CD8 +T cells in BALF expressing the T cell activation marker HLA-DR was observed in patients with type Ia. compared to those with other clinial asthma types. However, these were not significant.
キーワード
気管支喘息臨床病型 (clinical type of beonchial asthma)
Tリンパ球 (T-lymphocyte)
CD4陽性リンパ球 (CD4+lymphocyte)
CD8陽性リンパ球 (CD8+lymphocyte)
活性化リンパ球 (activated lymphocyte)
発行日
1995-09
出版物タイトル
岡大三朝分院研究報告
出版物タイトル(別表記)
Annual Reports of Misasa Medical Branch, Okayama University Medical School
66巻
出版者
岡山大学医学部附属病院三朝分院
出版者(別表記)
Misasa Medical Branch, Okayama University Medical School
開始ページ
44
終了ページ
48
ISSN
0918-7839
NCID
AN10430852
資料タイプ
紀要論文
言語
Japanese
論文のバージョン
publisher
査読
無し
Eprints Journal Name
mmc