ID 14989
JaLCDOI
Sort Key
11
タイトル(別表記)
A case of eosinophilic gastroenteritis with stenosis in the colon
フルテキストURL
著者
水島 孝明 岡山大学医学部臨床検査医学 Kaken ID researchmap
越智 浩二 岡山大学医学部臨床検査医学
松村 直樹 岡山大学医学部臨床検査医学
加藤 匡宏 岡山大学医学部臨床検査医学
妹尾 敏伸 岡山大学医学部臨床検査医学
原田 英雄 岡山大学医学部臨床検査医学
御舩 尚志 岡山大学医学部附属病院三朝分院内科
光延 文裕 岡山大学医学部附属病院三朝分院内科 Kaken ID publons researchmap
谷崎 勝朗 岡山大学医学部附属病院三朝分院内科
抄録
大腸に全周性狭窄をきたした好酸球性胃腸炎の1例を報告した。症例は54才の女性で,腹痛と下痢を主訴に来院した。上部消化管検査では異常を認めなかったが,下部消化管造影検査と大腸内視鏡検査で横行結腸の全周性狭窄を認め,生検にて大腸粘膜の好酸球浸潤を認めた。貝料理の摂取にて腹痛発作が出現したが,原因抗原は同定できなかった。貝類の摂取を避けることにより,症状は消失し,末梢血液中の好酸球増多は消失した。本邦ではこれまでに124例 の報告があるが,大腸に全周性の狭窄をきたす症例は稀であり,文献的考察を加え報告する。
抄録(別表記)
We report a case of eosinophilic gastroenteritis with a stenosis in the transverse colon. A patient, 54 year-old-woman, presented to our clinic with abdominal pain and diarrhea. Esophagogastric endoscopy and biopsy were normal. Contrast barium enema examination and colonic endoscopy showed a stenotic segment in the transverce colon. Biopsy specimens obteind from the stenotic segment revealed moderate eosinophilic infiltration in the colonic mucosa. Oral intake of sea shells exacerbated her symptoms. Avoiding sea shells has resulted in the disappearance of symptoms and peripheral blood eosinophilia. The present case was discussed in comparison with the 124 cases heretofore reported in Japan.
キーワード
好酸球性胃腸炎 (eosinophilic gastroenteropathy)
大腸 (colon)
狭窄 (stenosis)
出版物タイトル
岡大三朝分院研究報告
発行日
1997-12
68巻
出版者
岡山大学医学部附属病院三朝分院
出版者(別表記)
Misasa Medical Branch, Okayama University Medical School
開始ページ
64
終了ページ
70
ISSN
0918-7839
NCID
AN10430852
資料タイプ
紀要論文
OAI-PMH Set
岡山大学
言語
Japanese
論文のバージョン
publisher
NAID
Eprints Journal Name
mmc
過去1年のアクセス数
アクセス数 : ?
ダウンロード数 : ?

今月のアクセス数
アクセス数 : ?
ダウンロード数 : ?