このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 14901
Eprint ID
14901
フルテキストURL
タイトル(別表記)
IgG4-related disease
著者
平松 万尚 岡山大学病院総合診療内科
浅野 基 岡山大学病院総合診療内科
松下 公紀 岡山大学病院総合診療内科
三好 智子 岡山大学病院総合診療内科
中村 好男 岡山大学病院総合診療内科
水島 孝明 岡山大学病院総合診療内科
小出 典男 岡山大学病院総合診療内科
片岡 仁美 岡山大学医療教育統合開発センター
越智 浩二 岡山大学医療教育統合開発センター
光延 文裕 岡山大学病院三朝医療センター
抄録
IgG4関連疾患は21世紀になって提唱された新しい疾患である。組織学的にはIgG4陽性形質細胞やリンパ球浸潤が涙腺, 唾液腺, 後腹膜, 膵臓, 胆管などで起こり, 臨床的にはMikulicz病, 後腹膜線維症, 自己免疫膵炎, 糖尿病, 原発性硬化性胆管炎類似の胆管病変などを呈する全身性疾患であり, ステロイド治療に対する良好な反応性を認める。その診断基準は確立されておらず, われわれは, ①血清IgG4の高値, ②本疾患に特徴的な臓器の障害(唾液腺,涙腺, 膵臓, 後腹膜), ③組織学的にIgG4陽性形質細胞とリンパ球の浸潤の確認, の3項目のうち2項目以上認めれば, IgG4関連疾患とするという診断基準を提言する。
抄録(別表記)
IgG4-related disease is a new concept which was established in 21st century. Histologically, infiltrations of IgG4-positive plasma cells and lymphocytes occur in the lacrimal gland, salivary gland , retroperitoneum , pancreas , and biliary tract. IgG4-related disease is a systematic disease presenting symptoms such as Mikulicz's disease, retroperitoneal fibrosis, autoimmune pancreatitis, diabetes and sclerotic cholangitis, and oral steroid therapy is effective. In this paper, we propose diagnostic criteria for IgG4-related disease that have not been established yet. If two (or more) of three following features are fulfilled, IgG4-related disease is diagnosed ; elevated levels of serum IgG4, involvement of organs which is characteristic in IgG4-related disease (salivary gland, lacrimal gland, pancreas and retroperitonium) ,histological findings with IgG4-positive plasma cells and lymphocytes.
キーワード
IgG4関連疾患 (IgG4-related disease)
自己免疫膵炎 (autoimmune pancreatitis)
Mikulicz病 (Mikulicz's disease)
後腹膜線維症 (retroperitoneal fibrosis)
発行日
2008-03-01
出版物タイトル
岡大三朝医療センター研究報告
出版物タイトル(別表記)
Annual reports of Misasa Medical Center, Okayama University Medical School
76巻
出版者
岡山大学医学部附属病院三朝医療センター
出版者(別表記)
Misasa Medical Center, Okayama University Medical School
開始ページ
60
終了ページ
65
ISSN
1348-1258
NCID
AA11840279
資料タイプ
紀要論文
言語
Japanese
OAI-PMH Set
岡山大学
論文のバージョン
publisher
査読
無し
Sort Key
10
Eprints Journal Name
mmc