このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 14773
Eprint ID
14773
フルテキストURL
タイトル(別表記)
’あくび’と胸痛を訴えた気管支喘息の1症例
著者
光延 文裕 岡山大学医学部附属病院三朝医療センター 内科
芦田 耕三 岡山大学医学部附属病院三朝医療センター 内科
保崎 泰弘 岡山大学医学部附属病院三朝医療センター リハビリテーション科
柘野 浩史 岡山大学医学部附属病院三朝医療センター 内科
岡本 誠 岡山大学医学部附属病院三朝医療センター リハビリテーション科
西田 典数 岡山大学医学部附属病院三朝医療センター 内科
永田 拓也 岡山大学医学部附属病院三朝医療センター 内科
高田 真吾 岡山大学医学部附属病院三朝医療センター 内科
谷崎 勝朗 岡山大学医学部附属病院三朝医療センター 内科
抄録
We present a case of a patient with asthma who developed yawning associated with anterior chest pain. She was admitted due to severe anterior chest pain, wheezing and dyspnea. Although the frequency of the symptoms decreased, she began to experience frequent episodes of yawning at night accompanied by tears. While she experienced yawning, although PEF (peak expiratory flow) decreased, no asthmatic symptoms, such as wheezing or dyspnea were observed. The yawning was improved markedly by bronchodilators and a leukotriene receptor antagonist, and moderately improved by corticosteroids. We speculated that yawning is a clinical manifestation of asthma that responds to treatment.
抄録(別表記)
64歳の女性。1993年2月に高度の前胸部痛,職場,呼吸困難を主訴として入院した。入院後,前胸部痛,喘鳴,呼吸困難は徐々に軽快傾向であったが,夜間流涙を伴う`あくびが頻回に出現するようになった。`あくび'が出現する時には,喘息症状(喘鳴,呼吸困難)は伴わないが,ピークフローに低下を認めた。`あくび'に対する治療としては,気管支拡張剤,ロイコトリエン受容体結抗剤は著効,副腎皮質ステロイド剤は中等度 有効であった。`あくび'は治療に反応する喘息の-症状であることが示唆された。
キーワード
yawning
chest pain
nocturnal dyspnea
asthma
発行日
2003-02-01
出版物タイトル
岡大三朝医療センター研究報告
出版物タイトル(別表記)
Annual reports of Misasa Medical Center, Okayama University Medical School / Misasa Medical Center, Okayama University Medical School
73巻
出版者
岡山大学医学部附属病院三朝医療センター
出版者(別表記)
Okayama University Medical School / Misasa Medical Center, Okayama University Medical School
開始ページ
81
終了ページ
83
ISSN
1348-1258
NCID
AA11840279
資料タイプ
紀要論文
言語
English
論文のバージョン
publisher
査読
無し
Eprints Journal Name
mmc