このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 14719
Eprint ID
14719
フルテキストURL
著者
稲臣 成一 岡山大学医学部寄生虫学教室
板野 一男 岡山大学医学部寄生虫学教室
木村 道也 岡山大学医学部寄生虫学教室
坪田 種夫 岡山大学医学部寄生虫学教室
伊藤 義博 岡山大学医学部寄生虫学教室
作本 台五郎 岡山大学医学部寄生虫学教室
抄録
Mosquitoes were collected by light-trapping twice a week during nights totally 38 times from Okayama City, 25 times from Ichinomiya near Okayama City, and 34 times and 40 times from Mizushima and Hama in Kurashiki City, and the number of mosquitoes trapped was 5, 209, 331, 144, 782, and 4, 395 respectively. The maximum occurrence of mosquitoes was on the 10th at Hama, on the 13th at Okayama, on the 17th at Mizushima in July, and on the 3rd of August at Ichinomiya. The incidence of Japanese B encephalitis was reported three weeks after the maximum occurrence of mosquitoes in each spot.
発行日
1966-01-30
出版物タイトル
岡山医学会雑誌
出版物タイトル(別表記)
Journal of Okayama Medical Association
78巻
1.suppl号
出版者
岡山医学会
出版者(別表記)
Okayama Medical Association
開始ページ
77
終了ページ
84
ISSN
0030-1558
NCID
AN00032489
資料タイプ
学術雑誌論文
オフィシャル URL
https://www.jstage.jst.go.jp/article/joma1947/78/1supplement/78_1supplement_77/_article/-char/ja/
言語
Japanese
OAI-PMH Set
岡山大学
著作権者
岡山医学会
論文のバージョン
publisher
査読
有り
Sort Key
6
Eprints Journal Name
joma