このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 11362
Eprint ID
11362
フルテキストURL
タイトル(別表記)
Reinforcement for the skill of self-discerning feeling at the graded small Group teaching
著者
野田 秀文 岡山大学
黒﨑 東洋郎 岡山大学
抄録
本研究では、算数科における習熟度別少人数指導について、児童の自己効力感及び学業成績という2つの特性に着目して検討することを目的とした。児童に対する事前調査・事後調査を実施し、学力面と認知面に対する児童の変容を分析し、習熟度別少人数指導の結果について測定した。T検定を実施した結果、5%の有意水準で有意差があり、児童の学力及び自己効力感が肯定的に変容したことが示唆され自己効力感を高める習熟度別少人数指導の有効性が示された。
抄録(別表記)
In this study, we tried to investigate the effect of two special qualities Between the pupils' self discerning feeling and their scholastic marks. WE carried pre-and-post test in advance and analyzed its transfigurations of Pupils' scholastic marks and the phase of pupils' recognizability. BY T inspection, we got some significant result by level of 5% significant. Through this result, we should like to say that the teaching of reinforcement for the skill of self-discerning feeling is shown effective.
キーワード
自己効力感
習熟度別少人数指導
算数科
学力向上
発行日
2004
出版物タイトル
岡山大学教育実践総合センター紀要
出版物タイトル(別表記)
Bulletin of Research and Development Center for Educational Practice, Okayama University
4巻
1号
出版者
岡山大学教育学部附属教育実践総合センター
出版者(別表記)
Research and Development Center for Educational Practice, Okayama University
開始ページ
55
終了ページ
61
ISSN
1346-3705
NCID
AA11529614
資料タイプ
紀要論文
言語
Japanese
論文のバージョン
publisher
査読
無し
Eprints Journal Name
rdc