このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 11164
Eprint ID
11164
フルテキストURL
タイトル(別表記)
The Development of the Social Studies Lesson Plan Focuing on Modern Political Issues: A Case of A Tentative Lesson Plan "Takeshima Problem"
著者
桑原 敏典 岡山大学
髙橋 俊 岡山大学
藤原 聖司 岡山大学
山中 誠志 岡山大学
抄録
本研究は、現代社会に対する認識を深めることを目指した社会科歴史の単元開発を目指したものである。そのために、本研究においては、現代、政治の場において問題となっている政策課題を取り上げ、その起源を追及させることを通して現代政治をよりよく理解させるとともに、生徒に問題解決への自分なりの見通しを持たせるように授業を構成している。取り上げた政策課題は領土問題であり、具体的には日韓の間で議論となっている「竹島問題」を扱った。開発した単元は、特定の主義・主張を教え込むのではなく、公立な立場から政策問題について思考・判断させ、自主的な思想形成を促すものと評価され得るものである。
キーワード
歴史教育
政治教育
社会科
科学的社会認識形成
発行日
2007-06-25
出版物タイトル
岡山大学教育学部研究集録
出版物タイトル(別表記)
Bulletin of Faculty of Education, Okayama University
135巻
1号
出版者
岡山大学教育学部
出版者(別表記)
Faculty of Education, Okayama University
開始ページ
37
終了ページ
50
ISSN
0471-4008
NCID
AN00032875
資料タイプ
紀要論文
言語
Japanese
論文のバージョン
publisher
査読
無し
Eprints Journal Name
bgeou