FullText URL biess_3_contents_e.pdf
Publication Title Bulletin of Institute for Education and Student Services, Okayama University
Published Date 2018-12-30
Volume volume3
ISSN 2432-9665
language 日本語
File Version publisher
FullText URL biess_3_colophon.pdf
Publication Title Bulletin of Institute for Education and Student Services, Okayama University
Published Date 2018-12-30
Volume volume3
ISSN 2432-9665
language 日本語
File Version publisher
JaLCDOI 10.18926/56592
Title Alternative Essay on Pluralistic Self-assessment of Career Education Ⅲ : From the evaluation results of the 2017 school year
FullText URL biess_3_085_094.pdf
Author Nakayama, Yoshikazu|
Abstract  岡山大学で開講しているキャリア教育関連授業科目の中で、2 つの授業科目を選定して2016 年度第 4 学期に多元的自己評価測定を行い、その結果からキャリア教育における教育効果測定には、多元的自己評価が有効であるという検証を試みた。  この多元的自己評価を活用して、2017 年度にも同じ 2 つの授業科目へ同様の教育効果測定に取り組むことができた。そこで、2016 年度と 2017 年度の年度間比較を行い、当該授業科目の教育効果を明らかにするとともに、年度間比較によって見えてきた課題と今後の改善点についても検討した。  その結果、授業科目の基盤となるカリキュラムの確立が安定的な教育効果を生み出すとともに、年度ごとに変化する教育内容及び教育方法、受講生の属性の違いなどがもたらす教育効果の差異を見出すことができ、今後の改善につなげることが可能となった。また、多元的自己評価そのものについても成果と課題について検討した。
Publication Title Bulletin of Institute for Education and Student Services, Okayama University
Published Date 2018-12-30
Volume volume3
Start Page 85
End Page 94
ISSN 2432-9665
language 日本語
File Version publisher
JaLCDOI 10.18926/56591
FullText URL biess_3_071_084.pdf
Author Kim, Dong Kwang|
Abstract This paper sketches an undergraduate global studies program for a Japanese university. It first examines the context of the developing notions of global education and its current status. It then examines the appropriateness of the curriculum for global human resources development at Japanese universities, which passes widely as global education in Japan. It then shows why a new global studies program may be necessary by exposing the contradictions inherent in the programs of global human resources development taken as global education. The paper concludes by proposing a global studies curriculum to implement on the lower division level of a Japanese university.
Keywords globalization global education global studies curriculum global human resources development Japanese education
Publication Title Bulletin of Institute for Education and Student Services, Okayama University
Published Date 2018-12-30
Volume volume3
Start Page 71
End Page 84
ISSN 2432-9665
language 英語
File Version publisher
JaLCDOI 10.18926/56590
Title Alternative Study on Participation-promoting Factors in Study Abroad Programs
FullText URL biess_3_051_070.pdf
Author Inamori, Takao|
Abstract  本研究は、平成27 年度夏期から平成30 年度夏期に実施した短期海外研修の参加者に対して行ったアンケート(回答者625 名、回答率67%)をもとに、参加促進要因を明らかにしようと試みたものである。分析から明らかになった海外研修参加を促すポイントは、三点である。一つ目は「早い時期の動機づけ」。二つ目は「学生のニーズに合ったプログラムづくり」。三つ目は「保護者に対する留学に関する説明」の必要性である。特に三つ目に関し、女子学生の強い海外志向が確認されたものの、男子学生と比較し「保護者の理解」、「経済的負担」、「就職活動の遅れ」といった点において、不安を抱えている女子学生が多いことが明らかになった。
Keywords グローバル化 海外研修 留学 促進要因 学生調査
Publication Title Bulletin of Institute for Education and Student Services, Okayama University
Published Date 2018-12-30
Volume volume3
Start Page 51
End Page 70
ISSN 2432-9665
language 日本語
File Version publisher
JaLCDOI 10.18926/56589
Title Alternative Conditions and Issues on Kuwanoki International Student Dormitory at Okayama University: As an Educational Resource
FullText URL biess_3_031_050.pdf
Author Uzuka, Mariko| Oka, Masumi| Fujimoto, Masumi|
Abstract  スーパーグローバル大学の指標の一つに受入留学生数の増加が掲げられているが、留学生受入に不可欠な留学生寮の整備は、以前からの長年の課題であった。安心して留学生活を送るための基盤でもある寮の管理・運営は、毎日の生活と密接な関係があり、文化背景や言語が異なる学生が共同生活を営む寮では、大小様々なトラブルがつきものである。  この状況を少しでも改善するため、岡山学では2014 年にレジデントアシスタント(RA)制度の導入を皮切りに、日本人学生との混住化を推進してきた。従来の留学生支援という観点にとどまらず、1)「一住人」から自治意識をもった寮生への成長、2)留学生、日本人学生双方の日本・日本文化・異文化理解の促進、という教育的要素を加えた新しい国際寮の在り方を模索してきたといえる。その結果、支援の充実や教育的効果も見られた一方で、教育資源として寮を活用するには管理・運営だけではなく、積極的な学生指導の姿勢が肝要であることが分かった。混住化から4 年経ち、導入初期の段階を終えた岡山大学では新たな局面を迎えている。
Keywords 留学生受入 混住寮 レジデントアシスタント(RA) 異文化理解
Publication Title Bulletin of Institute for Education and Student Services, Okayama University
Published Date 2018-12-30
Volume volume3
Start Page 31
End Page 50
ISSN 2432-9665
language 日本語
File Version publisher
JaLCDOI 10.18926/56588
Title Alternative Collecting and classify items of school stress sensitivity that related negative affect for junior high school students
FullText URL biess_3_017_030.pdf
Author Miyaji, Chikara| 藤生 英行|
Abstract  ストレス感受性は,ネガティブな環境刺激に応じてネガティブ感情を経験する傾向のことである。本研究の目的は,学校生活場面に焦点をあて,学校ストレス感受性に関連する出来事(場面)を収集してネガティブ感情との関連から分類することである。公立中学校1年生31名(男子17名,女子14名)を対象に,代表的なネガティブ感情を具体的に提示したうえで,学校ストレス感受性に関連する出来事(場面)について自由記述による回答を求めた。KJ法を援用し,コレスポンデンス分析およびクラスター分析の結果,19の小カテゴリーは「イライラ・怒り群」「落ち込み・悲しみ群」「恥・緊張群」「不安・恐怖群」の4つの群に分類された。今後,この分類に適合する項目を準備し,尺度を作成していく必要がある。
Keywords ストレス感受性 ネガティブ感情 中学生
Publication Title Bulletin of Institute for Education and Student Services, Okayama University
Published Date 2018-12-30
Volume volume3
Start Page 17
End Page 30
ISSN 2432-9665
language 日本語
File Version publisher
JaLCDOI 10.18926/56587
Title Alternative Characteristics of Korean in "Kango" published in 1906
FullText URL biess_3_007_016.pdf
Author Jin, Namtaek|
Abstract  本稿では1906年に日本人のための朝鮮語学習書として、日本に亡命していた韓国人の安永中(1870年~1910年)により松雲堂で発行された『韓語』に現れる韓国語を分析し、開化期の韓国語の特徴を概観した。著者は卷頭の「例言」で、本書は専ら日本人の朝鮮語学習のために古籍や自分の研究等により編纂し、日本語文法に依ることと、用言の活用のように変化の多い用法の習得に重点をおき、会話文も重視していることを示している。本書は誤字も少なく、開化期の識者層の韓国語をよく反映している点で開化期の韓国語の資料として価値をもつといえる。今後、明治期の他の朝鮮語学習書や韓国人のための日本語学習書を考察することで、現代韓国語の形成過程をより明らかにできると期待される。
Keywords 韓国語 開化期 朝鮮語学習書 韓語 安永中
Publication Title Bulletin of Institute for Education and Student Services, Okayama University
Published Date 2018-12-30
Volume volume3
Start Page 7
End Page 16
ISSN 2432-9665
language 日本語
File Version publisher
JaLCDOI 10.18926/56586
Title Alternative Evaluation of active learning implementation base d on t he "teaching style questionnaire" for teachers
FullText URL biess_3_001_006.pdf
Author Kobayashi, Yuji|
Abstract 授業におけるアクティブラーニングの実施度合いを測定するうえで、学生が実際にアクティブラーニングを実現できたかを測ることは極めて難しい。岡山大学では、教員に対して授業実施内容に関するアンケート(授業スタイルアンケート)を行い、その結果によりアクティブラーニング実施率を調査する試みが行われた。本稿では、この「授業スタイルアンケート」の実施概要とその分析結果について報告する。
Keywords 授業スタイル アクティブラーニング 授業改善
Publication Title Bulletin of Institute for Education and Student Services, Okayama University
Published Date 2018-12-30
Volume volume3
Start Page 1
End Page 6
ISSN 2432-9665
language 日本語
File Version publisher
FullText URL biess_3_contents.pdf
Publication Title Bulletin of Institute for Education and Student Services, Okayama University
Published Date 2018-12-30
Volume volume3
ISSN 2432-9665
language 日本語
File Version publisher
FullText URL biess_2_contents_eng.pdf
Author 岡山大学全学教育・ 学生支援機構|
Publication Title Bulletin of Institute for Education and Student Services, Okayama University
Published Date 2017-12-30
Volume volume2
ISSN 2432-9665
language 日本語
File Version publisher
FullText URL biess_2_colophon.pdf
Author 岡山大学全学教育・ 学生支援機構|
Publication Title Bulletin of Institute for Education and Student Services, Okayama University
Published Date 2017-12-30
Volume volume2
ISSN 2432-9665
language 日本語
File Version publisher
JaLCDOI 10.18926/55722
Title Alternative The Meaning of their Existence in Multicultural Business Environments and their Workplace for Former Taiwanese Students
FullText URL biess_2_135_150.pdf
Author Moriya, Tomomi| Wada, Kaoruko| Ikeda, Seiko| Kagami, Tomiyo|
Abstract  本研究の目的は、近年増加傾向にある日本留学を経て日本企業に就職した台湾人元留学生を対象とし、職場における自己の存在意義と自分の職場の意味をどのように捉えているかを質的な分析を通して解明することである。就労開始後10 年以内の台湾人元大学院留学生9 名を対象に半構造化インタビューを実施し、KJ 法を援用し分析を行った結果、自己の存在意義計29 件、職場の意味計31 件が抽出された。この結果から、本調査対象者は、多文化就労場面における元留学生である自己の存在意義を見出せるケースと見出せないケースが拮抗していること、また、自分の職場を概ね肯定的に捉えているものの、同時に二律背反的な見方が一個人の中に併存することが示された。
Keywords 台湾人 元留学生 職場 存在意義 多文化就労
Publication Title Bulletin of Institute for Education and Student Services, Okayama University
Published Date 2017-12-30
Volume volume2
Start Page 135
End Page 150
ISSN 2432-9665
language 日本語
File Version publisher
JaLCDOI 10.18926/55721
Title Alternative An Empirical Study on International Students' Traffic-Related Issues and the Measures to be Taken Against Them
FullText URL biess_2_117_134.pdf
Author Fujimoto, Masumi| Uzuka, Mariko| Oka, Masumi|
Abstract  本研究では、2000 年1 月から2017 年3 月にかけて、岡山大学に在籍する留学生が遭遇した交通関連領域の事案121 件のデータを整理分類し、その実態を明らかにした。交通関連の問題は大きく3 つに分類することができる。すなわち、①交通事故、②違法行為、③その他である。交通事故が全体の65%を占めるが、事故の形態に着目すると、留学生が自転車を運転中に発生した事故が交通事故全体の4 分の3 を占める。この事実から留学生に対して自転車の安全な乗り方に関する教育を実施する必要があると判断される。本稿では留学生の自転車マナー向上に関する対策についても言及する。また、留学生が事故の被害者であるケースが40 件存在する一方、加害者であるケースも15 件存在し、留学生が一方的に事故の被害者ではないという事実も明らかになった。
Keywords 留学生 交通事故 違法行為 自転車 安全対策
Publication Title Bulletin of Institute for Education and Student Services, Okayama University
Published Date 2017-12-30
Volume volume2
Start Page 117
End Page 134
ISSN 2432-9665
language 日本語
File Version publisher
JaLCDOI 10.18926/55720
Title Alternative Essay on Pluralistic Self-assessment of Career Education Ⅱ : From the evaluation results of the 2016 school year
FullText URL biess_2_107_116.pdf
Author Nakayama, Yoshikazu|
Abstract  キャリア教育における教育効果を測るとき、評価項目を多元的に構築した試みを踏まえて、実際に2016 年度第4 学期に2 つのキャリア教育授業科目で評価測定を行った。そして、この評価測定を踏まえて、多元的自己評価の有用性について検証を試みた。特に、本稿では教育目標に関して認知的に自己評価できる領域と非認知能力を自己評価できる領域から個々の学生の受講前-受講後の変化を抽出して、領域間の相関関係について検討した。その結果、カリキュラム内で予め設定した関連づけられる評価項目においては、領域間の相関関係を見出すことができた。また、関連づけられない評価項目との相関関係についての検討も試みた。以上から、多元的自己評価に関する一定の有効性を提起できたとともに、そこからの今後の課題についても整理することができた。
Publication Title Bulletin of Institute for Education and Student Services, Okayama University
Published Date 2017-12-30
Volume volume2
Start Page 107
End Page 116
ISSN 2432-9665
language 日本語
File Version publisher
JaLCDOI 10.18926/55719
Title Alternative Japanese translation of “Lunyu Jizhu”(1) : Xi ZHU’s Interpretation of “Confucian Analects”
FullText URL biess_2_087_106.pdf
Author Sun, Luyi|
Abstract  周知の通り、朱憙(一一三○~一二○○。朱子は尊称)の『論語』解釈は、中国思想の発展に寄与しただけではなく、日本や朝鮮半島などの東アジアの思想の発展にも大きな影響を与えたものである。だが、『論語』には「道」「心」「徳」「君子」などの中国哲学の概念が随所に現れており、朱子哲学においてのそれらの概念の含意を明確に解明しない限り、朱子の『論語』解釈の全内容を理解することは極めて難しいと思われるのである。筆者は、長年に渡って朱子哲学の研究に力を注ぎ、いままでは既に、「朱子の「太極」と「気」(岡山大学『大学教育研究紀要』第七号、二○一一年)「朱子の「神」」(岡山大学『大学教育研究紀要』第八号、二○一二年)「朱子の「心」」(京都大学『中國思想史研究』第三十四號、二○一三年)「朱子の「理」」(岡山大学『大学教育研究紀要』第十号、二○一四年)「朱子の「情」」(岡山大学『大学教育研究紀要』第十一号、二○一五年)「朱子の「変化気質」」(『岡山大学大学院社会文化学科研究科紀要』第四三号、二○一七年)「朱子の「君子」」(『岡山大学大学院社会文化学科研究科紀要』第四四号、二○一七年)などの論文を発表した。その朱子哲学の研究を通じて、筆者は、上記の諸論文、及び『四書章句集注』(新編諸子集成、中華書局、一九八三年)と『朱子語類』(全八冊、宋・黎靖徳編、王星賢点校、一九九四年)、特に『朱子語類』に所収の「論語(一~三十二)」(巻第十九~五十)に基づいての、『論語集注』を主とする朱子の『論語』解釈の現代日本語の完全翻訳を作成することが必要だと強く思うようになったのである。本稿では、『論語集注』(前掲の『四書章句集注』に所収)の「學而第一」の朱子の集注を和訳することと、『論語』學而第一の原文を主に『朱子語類』(前掲)に所収の「論語(一~三十二)」に記録されている朱子の説明に基づいて和訳することを試 みる。
Keywords 君子
Publication Title Bulletin of Institute for Education and Student Services, Okayama University
Published Date 2017-12-30
Volume volume2
Start Page 87
End Page 106
ISSN 2432-9665
language 日本語
File Version publisher
JaLCDOI 10.18926/55718
Title Alternative A Language Exchange Project between International Students and Japanese Students
FullText URL biess_2_077_086.pdf
Author Sueshige, Miwa|
Abstract  本稿は、2014 年8 月から12 月の間に実施した留学生および日本人学生間の言語交換の実践報告である。言語交換後に提出された感想文およびやり取りの録音データの分析から、言語交換を通して生の言語使用および文化が学べることや、同年代との言語学習の楽しさによるモチベーションの向上が効果として見られた。一方で、教材やSkype 通話の問題、母語ではない言語を教授することの限界や、母語であっても言語に関する質問への対応の難しさが観察された。
Keywords 理系留学生 日本人学生 言語交換 SCAT KJ 法
Publication Title Bulletin of Institute for Education and Student Services, Okayama University
Published Date 2017-12-30
Volume volume2
Start Page 77
End Page 86
ISSN 2432-9665
language 日本語
File Version publisher
JaLCDOI 10.18926/55717
Title Alternative Characteristics of Korean in "Kango Kyokasyo" published in 1905
FullText URL biess_2_065_076.pdf
Author Jin, Namtaek|
Abstract  本稿では20世紀初めに日本人のための朝鮮語学習書および韓国人のための日本語学習書として金島苔水と廣野韓山により刊行された『韓語敎科書』(1905年)について、韓国語の単語と文およびその仮名音注を分析し、本書に現れる20世紀初めの韓国語の特徴(音注・語彙・助詞・語尾)を概観する。著者の金島苔水は1900年代から1930年代にかけて朝鮮語と中国語の学習書を多数出版しているが、内容の充実度や正確さより商業出版物の性格が重要視されているといわれる。それゆえ本書のハングル表記には多くの誤記がみられる。また、李斗璜(1858年~1916年)が金島苔水の一部の著述に関わったことも分かる。本書には開化期の口語的な特徴がよく反映されており、開化期の商業関連用語も多く現れる。今後、金島苔水の他の著作を総合的に考察し、明治期の他の朝鮮語学習書や韓国人のための日本語学習書を考察することで、現代韓国語の形成過程をより明らかにできると期待される。
Keywords 韓国語 開化期 韓語敎科書 朝鮮語学習書
Publication Title Bulletin of Institute for Education and Student Services, Okayama University
Published Date 2017-12-30
Volume volume2
Start Page 65
End Page 76
ISSN 2432-9665
language 日本語
File Version publisher
JaLCDOI 10.18926/55716
Title Alternative Analyzing LMS Log in a Liberal Arts Course
FullText URL biess_2_057_064.pdf
Author Kobayashi, Yuji|
Abstract  教養教育科目『インストラクショナルデザイン入門』において活用したLMS(Moodle)の学習ログについて分析を行った結果、本授業では小テストやアンケートの出題直後や課題の締め切り日にアクセス数が多く、特に課題の締め切り日として設定していた月曜日のアクセス数が多いことが分かった。また、土日のアクセス数は平日に比べて少ない傾向がみられた。今後、さらにLMS を活用して授業外での学修を促進するためには、これらの状況を踏まえ、学生の課外活動の状況や学修行動の特性も考慮したうえで、課題や小テストを設定していく必要があるだろう。
Keywords 学習ログ LMS インストラクショナルデザイン 学習者分析 Moodle
Publication Title Bulletin of Institute for Education and Student Services, Okayama University
Published Date 2017-12-30
Volume volume2
Start Page 57
End Page 64
ISSN 2432-9665
language 日本語
File Version publisher
JaLCDOI 10.18926/55715
FullText URL biess_2_045_056.pdf
Author Kim, Dong Kwang|
Abstract In this paper, I aim to portray the state and future prospects of global education in Japan from the perspective I have gained from my engagement in the operation of the Special Program for Global Human Resource Development at Okayama University. While doing so, I hope I can bring some clarity to such hot but amibiguous concepts or activities as globalization, global education, global human resources development, etc. Also, I will offer some suggestions thoughtful considerations of which I believe will lead to richer rewards from the joint endeavors of hardworking people at Okayama University.
Keywords globalization global education global human resources development Special Program for Global Human Resource Development at Okayama University
Publication Title Bulletin of Institute for Education and Student Services, Okayama University
Published Date 2017-12-30
Volume volume2
Start Page 45
End Page 56
ISSN 2432-9665
language 英語
File Version publisher