このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 54491
FullText URL
Title Alternative
The Speaker and the Voice in Emily Berry’s Dear Boy (2013)
Author
Okada, Kazuya Graduate School of Education, Okayama University publons researchmap
Abstract
 Faber & Faber社から2013 年に出版されたDear BoyはForward Prize(for Best First Collection)を受賞し,Emily Berryは若い作家の中で一躍その作品が広く認識されるようになった。アンソロジーの編者としての側面も,Salt社のThe Best British Poetry 2015があり,彼女の鋭いセンスが光る。本論文は,そのEmily Berryの作品群に関して,彼女自身の朗読音源が入手可能になったことから,詩の中のspeakerの存在が,声の問題としてどう関わっているかを分析するものである。
Keywords
speaker
voice
Emily Berry
Dear Boy
Published Date
2016-07-28
Publication Title
Bulletin of Graduate School of Education, Okayama University
Publication Title Alternative
Bulletin of Graduate School of Education, Okayama University
Volume
volume162
Publisher
岡山大学大学院教育学研究科
Publisher Alternative
Graduate School of Education, Okayama University
Start Page
103
End Page
109
ISSN
1883-2423
NCID
AA12338258
Content Type
Departmental Bulletin Paper
language
日本語
File Version
publisher
Refereed
False
Eprints Journal Name
bgeou