このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 10256
Eprint ID
10256
FullText URL
Title Alternative
Zehohoshi and Kenkohoshi
Author
Inada, Toshinori
Abstract
是法法師は、兼好が「徒然草」のなかで、学識を誇示することなく念仏三昧に明け暮れながら、安らかに世を過ごす理想的な人物として評価した僧である。本稿では、この是法を、坊官、浄土僧、歌人の各側面から検討を加えるとともに、兼好の人間観・人生観・宗教観のなかで位置付けて把握することを試みた。
Keywords
是法
兼好
坊官
浄土僧
念仏
Published Date
2003-07-10
Publication Title
岡山大学教育学部研究集録
Publication Title Alternative
Bulletin of Faculty of Education, Okayama University
Volume
volume123
Publisher
岡山大学教育学部
Publisher Alternative
Faculty of Education, Okayama University
Start Page
(1)
End Page
(13)
ISSN
0471-4008
NCID
AN00032875
Content Type
Departmental Bulletin Paper
language
日本語
File Version
publisher
Refereed
False
Eprints Journal Name
bgeou