このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 86
Eprint ID
86
FullText URL
Title Alternative
Culture of Chrysanthemums lighted by Fluorescent Lamps : I. Effects of Luminous Intensity under the Lamps of Various watt
Author
Yasuda, Isao
Korematsu, Hirobumi
Abstract
1.螢光燈が白熱燈即ち普通の電燈と同様,菊の抑制栽培(電照)に対し効果があるか否かを知らんがためと電照の強さが菊の抑制に何等かの差異があるか否かを試そうがために1956年の夏から秋にかけて寒牡丹と雲仙を用いてこの実験を行なつた.2.電照中に於ける草丈の伸長率は品種によつて差があるが,螢光燈と白熱燈との間には特別の差異は見られなかつた.また,螢光燈及び白熱燈のワットの強さと草丈の伸長との間にもはつきりした区別は見られなかつた.3.電照打切後の開花期は各試験区共殆んど同じであつた即ち,電照の強さ及び電照の種類と開花期との間に特別正の関係は見られない.雲仙は寒牡丹に比し各試験区共1~2日宛おくれているが,これは品種の差異によるものだと思う.4.電照打切後,花芽分化開始までの期間は10~15日で,20日後には全部の花芽に分化が見られた.従つて螢光燈10wでも菊の花芽分化を抑制する効果は十分あるものと思われる。
Keywords
抑制栽培
電照
Published Date
1958
Publication Title
岡山大学農学部学術報告
Publication Title Alternative
Scientific Reports of the Faculty of Agriculture Okayama University
Volume
volume11
Issue
issue1
Publisher
岡山大学農学部
Publisher Alternative
Faculty of Agriculture, Okayama University
Start Page
69
End Page
77
ISSN
0474-0254
NCID
AN00033029
Content Type
Departmental Bulletin Paper
language
日本語
File Version
publisher
Refereed
False
Eprints Journal Name
srfa