このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 482
Eprint ID
482
FullText URL
Title Alternative
Effects of Culture Conditions on the Growth and Carotenoid Formation in Rhobotorula minuta
Author
Tada, Mikiro
Shiroishi, Masahide
Abstract
Rhodotorula minutaの生育およびカロチノイド生成に及ぼす糖類,アミノ酸類ならびにピタミン類の影響について調べた. また光の影響についても併せて検討した. 1)炭素源としはグルコース,マンノース,シュークローズが良く,フラクトース,マルトース,ラクトースは利用されない. 2)L-ロイシン,L-イソロイシン,L-システイン,L-メチオニン以外の大部分のアミノ酸は菌体生育の良い窒素源となる. L-ヒスチヂン,L-スレオニンを窒素源とした場合,菌体のカロチノイド生成量は抑制された. 3)チアミンはRh. minutaの生育に必須である. ビタミンのうちチアミンのみを加えた培養液にp-アミノ安息香酸を加えると,菌体収量及びカロチノイド生成量ともに著しく増大した. 4)黒暗下で培養した菌体のカロチノイド含有量は,その培養条件に関係なく,すべての実験においてほぼ一定の値(15μg/g)をを示した. 一方,光照射下で培養した菌体のカロチノイド含有量は80~140μg/gを示し,光はあきらかにカロチノイド生成を著しく促進した. 5)光照明下で培養した場合,菌体の収量とその菌体のカロチノイド含有量との間には負の勾配を持つ直接関係が成立した。
Published Date
1977
Publication Title
岡山大学農学部学術報告
Publication Title Alternative
Scientific Reports of the Faculty of Agriculture Okayama University
Volume
volume50
Issue
issue1
Publisher
岡山大学農学部
Publisher Alternative
Faculty of Agriculture, Okayama University
Start Page
87
End Page
94
ISSN
0474-0254
NCID
AN00033029
Content Type
Departmental Bulletin Paper
language
日本語
File Version
publisher
Refereed
False
Eprints Journal Name
srfa