このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 836
Eprint ID
836
FullText URL
Title Alternative
Activation of β-Glucosidase and Accumulation of Secondary Metabolites in Pea SeedlingsTreated with a Biotic-elicitor Chitosan
Author
Kobayashi, Akio
Akiyama, Kohki
Ushijima, Tamano
Kawazu, Kazuyoshi
Abstract
生物的エリシター・キトサンで処理したエンドウ上胚軸におけるβ-グルコシダーゼの活性は,72時間後には処理前の約60倍に達した.塩化第二銅処理したエンドウ実生から2つのkaempferol-β-glucoside,quercetin-β-glucoside,およびエンドウのファイトアレキシンであるピサチンを精製・単離した.ピサチンはキトサン処理72時間後に最大に達した.kaempferol配糖体はキトサン処理24時間後に最大に達し,48時間から72時間の間に消失した.quercetin配糖体はキトサン処理24時間後に最大に達し,86時間後にはコントロールと同じレベルまで減少した.kaempferolとquercetinはピサチン生合成系における前駆体ではないので,これらは細胞壁の強化に利用されていると考えられる。
Published Date
1992
Publication Title
岡山大学農学部学術報告
Publication Title Alternative
Scientific Reports of the Faculty of Agriculture Okayama University
Volume
volume80
Issue
issue1
Publisher
岡山大学農学部
Publisher Alternative
Faculty of Agriculture, Okayama University
Start Page
17
End Page
24
ISSN
0474-0254
NCID
AN00033029
Content Type
Departmental Bulletin Paper
language
日本語
File Version
publisher
Refereed
False
Eprints Journal Name
srfa